★寒いとシュシュは甘えん坊

我が家の愛犬シュシュ(10才のミニチュアシュナウザー/ホワイトのオス)は、ヘルニア系の疾患で背骨が痛む事が有り、寒い時期は特に痛みが強く成ります。

なので寒いのと痛いので今からの時期はとっても甘えん坊に成ります。

甘えん坊シュッ君

甘えん坊シュッ君

甘えん坊シュッ君

甘えん坊シュッ君

甘えん坊シュッ君

人も犬も肌寒く成って来ると人肌り温かさが恋しく成ります。

寄り添いたい、肌を合わせたい、そっと優しく撫でて欲しい、ギュっと抱きしめて欲しい。

そう想ってもらえる事のありがたさとしあわせを。

当たり前の事と思わず、求められた時にしっかりと心を込めて相対する。

何時か必ずそれが叶わなく成る日が来る。

その時に成ってから、あの時もっとこうして上げれば良かったと後悔しても遅いのです。

だからシュシュが求めて来た時には常に必ず全力で心の底から丁寧に応えます。

ただし、仕事中は別です、絶対に犬よりお客様と仕事の方が優先です。

それをシュシュはしっかり理解していますし、主従関係においてシュシュは常にどんな時でも人間(司)に服従します。

その主従関係の服従は、命令とか強制とか力づくで無理強いするという事とは違います。

シュシュが人間(司)を心から信頼しているからこそ、人間(司)を大好きだからこそ。

信頼して好きな人間(司)に嫌われたくないから、好いて欲しいからの従順さなのです。

どんなに可愛くても犬ですから甘やかしたりはしません。

でも、心の底から全力でシュシュを可愛がります。

我が家に来てくれてありがとう<(_ _)>

シュシュの事が大好きです♪(^o^)v

※参考ブログ>今から約10年前に3軒目の里親としてシュシュを迎えました。

2010年5月10日アトム(後日シュシュと改名)が我が家にやって来た♪\(^o^)/ > http://2kasa.jp/blog/?m=20100510