★シナモンローストのご予約

シナモンロースト

Café 2kasaの自家焙煎豆のシナモンローストのご予約を頂きました。

ご予約のきっかけはこちらのブログでのシナモンローストの記事を読まれてご興味を持たれて、ご購入のご連絡とご予約を頂けました。

シナモンロースト、、、

浅煎りと言われていて滅多に市場では見かけないミディアムローストのさらに一段分焙煎が浅いシナモンローストは市場には殆ど出回っていません。

それは通常の浅煎りでの最浅焙煎領域のミディアムという売れ難い焙煎度よりさらにもう一段分焙煎が浅いので、焙煎しても売り上げに繋がらない(爆)

いくらこだわりの焙煎していますとは言って特異性を謳うにしても、所詮は商売で生業ですから儲けてナンボ。

全く売れないから市場に出回らないのですしね(^^ゞ

また見た目上の豆表面の焼き色のディベロップメント(焙煎度合)だけのつじつま合わせした見た目だけのシナモンローストに焙煎するのは簡単ですが、それじゃ生豆時の渋味と品の無い雑な酸味が残って美味しくない、いわゆる「芯残り」の焙煎豆に成ってしまいます。

なので、売れない儲からない通常の焙煎では美味しくいというダークサイトへ陥ってしまいます(爆)

まあだからこそ市場にはシナモンローストは皆無なのですけどね(^^ゞ

でも、、、

見た目上の焼き色のディベロップメント(焙煎度合)をシナモンに抑えて、なおかつ豆の中へはしっかりと十分な熱を込め豆内へのメイラード反応(味わいに深く関与)を十分に行える焙煎が出来れば。

そのシナモンローストの焙煎豆は美味しい酸味と豊かな甘さと軽やかな苦味のフルーティーテイストとして爽やかな味わいを楽しめます。

またその品の良い軽やかで爽やかな味わいゆえに、身体に優しくすぅ~とのどを通って切れの良い飲み心地で、飲んだ後の胃もたれや胸焼けをせずにコーヒーの味わいと香りを安心して楽しめます。

今回ブログをご覧に成られてご連絡を頂けたお客様は、以前はコーヒーが大好きでご自身で豆を挽いて淹れて毎日飲まれていらっしゃったそうなんですが、有る時から胃に負担を感じるように成られてそれ以来コーヒーから遠ざかっていたとの事で。

このブログでのシナモンローストの記事を読まれて、もしかしたら超浅煎りの焙煎豆の軽い飲み味なら、コーヒーを飲んだ後に胃の負担を感じずにコーヒーを楽しめるかもと思われてCafé 2kasaへシナモンローストのご購入のご連絡とご予約を頂けたとの事でした。

なので、、、

腕によりをかけて「極限まで焦さず、芯にはしっかりと熱量を込めたスペシャル焙煎レシピ」に出来るよう、丁寧を持って最善を尽くした焙煎でお客様のご来店をお迎えできるよう頑張ります♪p(^o^)q

コーヒーの焙煎で考慮すべき各ファクターをざっくり本当に簡単に説明すると、、、

焙煎の焼き方として、直火式・半直火式・温風式があり。

焙煎の熱の込め方は、接触型・半接触型・非接触型があり。

焙煎の熱源は、ガス・炭・電気があり。

焙煎の熱の切り上げ方は、世の中の殆ど99%以上で瞬時取り出し方で、ほんの僅か1%以下で置き火溜め方があり。

焙煎のレシピとしては、焙煎する豆の種類、豆の量と焙煎器の容量・質量、焙煎器の生豆投入時の温度、生豆の予熱の上昇時間と温度、予熱後の本焙煎初期から1ハゼまでの温度の上昇時間と温度、1ハゼ後から2ハゼまでの上昇時間と温度、焙煎を終わるタイミング、終了後の熱の残しの有る無しと冷まし加減。

これらの各ファクターを焙煎者が求めるディベロップメント(焙煎度合)とメイラード反応(味わいに深く関与)と成るように焙煎レシピを構築します。

まあ機械ですから、回転が電動なら勝手に回ってますし、熱源がガスや電気なら指先調整で加減も時間も簡単です、無論炭火やマキが熱源だと火入れと最適燃焼・火力の調整と維持に苦労しますが、それでも普通の思慮が出来る人なら「生豆を焙煎する」のはとっても簡単な事です。

ただ、単に「焙煎する」という事と、、、

「美味しく火を入れる」とか「狙った味わいに焼き上げれる」とか「常にベストな結果を毎回コンスタントに熟せる」という事とは違います。

言えば焙煎は簡単、だけどどう焙煎するか?どう焙煎出来たか?を問い探り求め目指すと物凄く複雑で難しい考察と、それを具現化する知識・経験・技術が必要と成ります。

そういう意味では、焙煎度の浅い順で、シナモン・ミディアム・ハイ・シティ・フルシティ・フレンチ・イタリアンの7焙煎度が有りますが。

※注)ここから下記はあくまで司としての個人的見解・狭い了見・思い込み・妄想で、現状のCafé 2kasaの焙煎設備・規模での文言なのをご了承してお読み頂きたいのですが、、、

中浅煎りの「ハイ」と、中煎りの「シティ」と、中深煎りの「フルシティ」の焙煎はとっても楽しいです。

浅煎りの「ミディアム」と、深煎りの「フレンチ」の焙煎はちょっと苦労します。

超深煎りの「イタリアン」の焙煎はかなり手こずります。

超浅煎りの「シナモン」の焙煎はすごく難儀します。

今後機会有れば、、、

超深煎りでかなり手こずる「イタリアン」の焙煎と、超浅煎りですごく難儀する「シナモン」の焙煎について、何時か詳しく書いてみたいと思っていますので。

お楽しみにぃ♪p(^o^)q

そんな物好きな方がいらっしゃったらですが(爆)