★ヘアマニキュア

トーンダウンカラー

ヘアマニキュアでのトーンダウンカラーのブラック単色染めです。

髪の色って基本的には個人の嗜好=お好みで、または流行でお選び頂くと良いと思います。

ただ、ヘアスタイルによっては、より似合うorより髪型が栄えるという髪型への相性の良さが有ります。

そういう意味で縮毛矯正のストレートヘアーには黒色の方が栄えます。

無論、その基本には「日本人の髪なら」という要素が加味されてのマッチングの良さです。

また、本来黒い髪は質感的に一番重く見えるのですが、その重過ぎる分のウエート感は縮毛矯正によって最も頭部が小さく収まり軽く見える質感によりカバーされ。

そのうえで根元から毛先までの色味の変化=通常ロングで起こり得る中間~毛先のダメージによる退色という色ムラが抑えられ。

なおかつヘアマニキュアによる毛表皮へのカバーリング効果で見た目が艶々に、また手触りがツルツルに成ります。

ですので縮毛矯正やストレートヘアーには、通常のカラー剤によるブリーチによる髪や地肌へのダメージの危険性を全く受けずに、髪の退色や手触り艶感のケアーとしてヘアマニキュアのブラックカラーでのトーンダウンカラーは最適だと思います。

また、通常カラーされている髪の場合でも、少し色が退色したり明る過ぎると感じてトーンダウンしたい場合にも、ブラウンとブラックをお好みの色味に調整して染められますので、最も髪へのダメージが少なく色味を暗めにコントロールする事が出来てお薦めです。

ただし、、、

ヘアマニキュアの方が薬剤のコストが高く、また塗る手間と時間がかかるので、上手で丁寧なヘアマニキュアの施術を希望される場合はある程度のプライスが必要に成りますので、安売り店では得られる仕上りの素敵さはどうしても落ちてしまいますので、良質なヘアマニキュアの施術を受けたい場合は、良い薬剤と丁寧な施術のお店・技術者さんにして頂く事をお薦めします。