★エチオピアの粒度選別

エチオピア

新しく仕入れた生豆「エチオピア・モカハラー・ボールドグレイン」を焙煎するに当たり。

スチールメッシュで粒度選別してみました。

まずは生豆1kgを量り用意し、それを7&5mmステンレスメッシュで選り分けます。

 

大豆ちゃん


粒度選別結果は1kg中7mm以上のLサイズの大豆が0.8g=0.08%でした。

つまり、今回仕入れたく生豆「コロンビアスプレモ ウイラサンアグスティン」は粒度選別せずにそのまま焙煎すると0.08%分の大豆には熱が入り切らずに焙煎が足りずムラ焙煎に成ります。

さて、、、

1.000g中の0.8gをムラとして不手際と捉えるか?=子供の事情(純粋な気持ちで最善な結果優先/ベストを追求)

それとも1.000g中の0.8gは誤差範囲として無視するのか?=大人の事情(手間暇コストを考慮し利益優先/ベターで十分)

皆さんはどう考えますか?

Café 2kasaとしては1%以上の不具合・誤差が起こり得る場合に、それを人為的に排除できる手段・方法が有る・知っているのに行なわなければ手抜きで焙煎者の不手際と捉えますので、その不具合・誤差による焙煎ムラを抑えるよう可能な限り努力したいと考えますので。

今回仕入れた生豆「コロンビアスプレモ ウイラサンアグスティン」の1Kg中に含まれる7mm以上の0.8g=0.08%の大豆は、焙煎前の全豆粒度選別作業は行わずに焙煎する事とします。

ちなみに、、、

5mm以下の小豆は20%以上含まれていてイレギュラー的な粒度選別対象とはならず、また3mm以下の超小豆はほぼ含まれていませんでしたので誤差範囲と成り、結果小豆の粒度選別は行わない事としました。

以上が現在Café 2kasaが在庫している「コロンビアスプレモ ウイラサンアグスティン」の粒度選別結果と成ります。