★藍色系のダークグレー染め

現状の白髪状態

年齢より早く白髪に成る体質で若い頃から白髪染めをしていたのですが。

最近40代に入って特に白髪が増えたのでもう白髪染めを止めようと暫く染めていなかったら。

最近お父さんと一緒に居た時に「お父さんの弟さんですか?」と言われる事が有ったそうで。

もう暫く白髪染めを続けようと気が変わったけど、、、

いずれ将来白髪染めを止める時が来るから。

その止める時の染めてる色から白髪への自然な移行をどうしたら良いか?

とご相談を頂いたので。

 

マニキュア仕上り


完全に白髪を隠さない藍色系のダークグレー染めのヘアマニキュアをご提案させて頂きました。

このマニキュアのブラックは白髪に染めますと、、、

退色を補う為の茶色の補色のブルー&紫系が若干含まれていて。

白髪に若干の藍色を含んだ発色をします。

今日はそのブラックにシルバーグレーを1対1の同等比で染めさせて頂きました。

そしてこれからのカラーのご提案として、、、

現在の40代では今日のブラック1対シルバーグレー1で。

50代に成ったらブラック1対シルバーグレー2で。

60代に成ったらブラック1対シルバーグレー3で。

段々とブラックを減らしてシルバーを増やして、少しずつ白髪を見せていくカラーレシピを提案させて頂きました。

それでお客様もそんなカラーレシピの移行を納得して頂きそれで行こう♪と成ったのですが。

よくよく考えたら今日のお客様が60才代に成るという事は今から20年後。

今年60才を迎えた還暦ジジイの私は20年後は80才に成ってしまいます。

なので、、、

私は80才まで現役の美容師としてお客様の髪を染めなくてはいけないという事に成る!

という事にお客様と一緒に気が付いて、、、

私は「無理かもぉ・・・」と弱音を吐き(^^ゞ

お客様からは「いやいや20年後も髪をしてもらいに来るから絶対元気で仕事を続けて下さい」と強く求められました。

ありがたくとても嬉しいお言葉です。

お金を払ってくれるお客様から。

20年後も通って来るからそれまで元気で仕事を続けて欲しいとお言葉を頂ける。

これって美容師&技術者冥利に尽きます♪(^o^)v

60才に成って現役の美容師としてお客様からこんなに幸せなお言葉を頂きながら働ける。

美容師は私の天職です♪p(^o^)q