自己焙煎サービス

カフェ司の焙煎器3号をお客様ご自身の手で操作し焙煎して頂く自己焙煎サービスです

※焙煎体験>カフェ司の焙煎器3号をお客様ご自身の手で操作し焙煎して頂けます

例> 自己焙煎サービス2021年2月19日

※焙煎時間>準備・説明・暖気・焙煎・クーリング・試飲まで全工程約1時間と成ります

※焙煎予約>焙煎時にはレクチャーする司と焙煎器を1時間占有して頂くサービスと成りますので事前のご連絡ご相談の上で焙煎日時のご予約が必要と成ります

ご予約頂ける日時は>(1)お客様のご都合が良くご希望の日時で>(2)当店のスケジュールが空いている日時の中で>(3)ご相談のうえでご予約日時を決めさせて頂きます>(4)念の為に予備日の日時もご予約承ります

なお、自己焙煎サービスをご予約頂ける日時は年中24時間の中から当店のスケジュールが空いているタイミングであればお好きな日時をご希望して頂けます

例、、、お仕事が夜終わってからのご来店で夜中の0時からでも、早起きして早朝6時からでも当店のスケジュールが空いていればOKですので、早朝でも深夜でも何曜日でもお気軽にお尋ね頂けますようお願い致します

※焙煎レクチャー>焙煎器の操作・手順・計器の読み方と意味等は丁寧に解り易く説明させて頂きます

※豆種>カフェ司の在庫生豆の中からお好きな豆をお選び頂けます

※豆量>カフェ司の通常焙煎業務量の1バッチ当たり生豆1kg投入と成ります

※焙煎度>お客様のご希望でお好きな焙煎度で焙煎して頂けます

ただ最初は一番安心安定して焙煎が可能な中煎り/シティローストをご提案します、その後に焙煎に慣れて来たら一段浅めの中浅煎り/ハイローストや、一段深めの中深煎り/フルシティローストの焙煎度に挑戦されると宜しいかと思います

※お持ち帰り>焙煎豆のお持ち帰りは当店のパッケージ2袋に入れさせてお持ち帰り頂けますが、お客様がお好きなキャニスターをお持ち頂いても結構でございます

※発送>ご自身で焙煎された焙煎豆を遠方の方に送付させて頂きます

1発送当り198円のクリックポスト代金が必要と成ります、梱包の段ボールの箱と豆を詰めるパッケージは当店からのサービスとさせて頂きます、1パッケージ最大600gが包装可能です

お知り合いの方に「私が焙煎した豆です」と送るのも、ちょっとお洒落なプレゼントとして素敵かもしれません、無論お持ち帰り頂きご自身の手で渡されても喜ばれると思います

※焙煎体験立案の理由>私も以前はコーヒー/焙煎の素人で知識も経験も有りませんでした

でも、焙煎器と焙煎操作には憧れていました、何時かはあの焙煎器に触れてみたい、そして焙煎器を操作して実際に生豆を焙煎してみたいと夢のように想っていました

だけど、立派な焙煎店の、立派なロースターさんの大切な商売道具の焙煎器なんて素人の部外者には操作するどころか触れる事すら恐れ多くて出来ません

だから頑張って手鍋や手回しや小型ロースターで、細やかだけど焙煎してる感じを味わってニコニコしてるのが精一杯で、でも、それでも楽しかったし幸せでした

そんな想いをしていた司自身ですので、業界内では1kgで小型とはいえガス熱源の回転ドラム式の半熱風焙煎器を購入し設置し、毎日焙煎業務している立場に成っても、その焙煎器に焙煎操作に憧れていた時の想いは忘れられません

無論、コーヒーが好きな方は普通は飲むのが好きで、少し凝って豆種と焙煎度に興味を持ち、そこからさらにコアな方が自分で挽いて淹れて飲むぐらいで、焙煎器やその操作に興味が有るのは少数派だとは思いますが

それでもこの広い世の中には私と同じく焙煎器やその操作に憧れを持ち何時かは自分の手で実際に焙煎器に触れ操作し焙煎してみたいと想い続けていらっしゃる方が居るかもしれない

そう考えて、そんな方の想いに沿いたい叶えて上げたいと考えこの自己焙煎サービスのメニューを始めようと思いました

ただ、現実にどれだけの方がご希望されるのかは分かりません、山梨の甲府という立地条件も有りますから、関東近辺から来られるとしても行き帰りを含めれば1日がかりと成りますし、旅費と時間もかかります

でも、小さいとはいえあの憧れの焙煎器に自分の手で触れて操作して焙煎が出来る、、、という門扉は空けておきたい、そんなの誰も来ないよと言われても平気です、年に1人でもそんな方の想いを叶えて上げられたら良いなと想っています

現状幸いにもカフェ司は、規模も小さく、有名でもなく、繁盛もしておらず、権威も実績も無く、それはそのまま敷居の低さとして店内の焙煎器に触れ操作するのに気おくれなく気楽に焙煎が出来ると思いますので、ぜひ司の敷居が低い今の内に焙煎体験にご来訪頂ければと思います

1バッチ1kg投入焙煎ですと仕上り800g以上ですので、ご家族やご友人や仕事場の同僚様に「私が自分で焙煎した豆だよ♪」とお土産としても十分な量がお持ち帰り頂けますし

焙煎の詳細を記する焙煎ノート用紙もご用意し焙煎操作記録も記入してお持ち帰り出来ますので、ご自宅へ戻られてから詳細な記録を残した焙煎ノートを見直し感慨に浸りながら、ご自身で焙煎されたコーヒーを味わうのも素敵な時間だと思います

料金は、素材の生豆代+焙煎レクチャー代&焙煎器使用料で計7,000円+消費税10%の合計7,700円です、2021年2月時点でのカフェ司の焙煎豆の販売価格は715円(税込み)なので、850g仕上りですと通常の焙煎豆価格の715円×850gで6,000円ですので+1,700円で焙煎レクチャー付の焙煎体験が出来るというお得な料金に成ります

なお自己焙煎サービスは、その焙煎日時の1時間の間お客様に焙煎器を貸し出し、作業中は司が付き添って焙煎のレクチャーをさせて頂く関係上、事前にご予約のご連絡を頂きお客様と司の共に都合の良い日時の1時間を事前に予約をせて頂いての自己焙煎サービスとさせて頂きます

お問合せは下記のブログお問合せフォームから承ります

お問合せ | カフェ<司>美容院 (2kasa.jp)

焙煎体験サービスにご興味ございましたらお気軽にご相談下さいませ

※謝辞、、、

この自己焙煎サービスは、Twitterでの、、、

焙煎JAM@珈琲焙煎士見習いさん (@roast_jam) / Twitter

羽 晋矢さん (@Singhhb2) / Twitter

上記お二人の、焙煎JAMさんと烏羽 晋矢さんとのご縁とコメントのやり取りを頂いたのがきっかけで発案し始めさせて頂きました事をここに記し感謝を陳べさせて頂きます