予約焙煎22-0927

本日27(火)カフェ司/Café 2kasaは、昼11時オープン~ラストオーダー夜10時までの営業と成ります、ご来店お待ちしております♪(^o^)v

2kasa
2kasa

エチオピア連邦民主共和国モカ・シダモ州グジ地区シャキッソ村TadeGG農園ナチュラル・オーガニック・ノンカフェインの浅煎りのご注文を頂きましたので焙煎♪(^o^)v

カフェ司 / Café 2kasaの焙煎機は1kgクラス(最大生豆投入量1.2kg)なので、他の3~5kg以上の大型機に比べると小型で威厳も風格も無くて見た目で威張れませんが(爆)

1kgと取り回しの良い焙煎量なので、お客様のご希望の豆種・焙煎度の焙煎を予約注文承っております

もしカフェ司程度の営業規模の店で5kgクラスの焙煎機で200gの予約注文の焙煎をしてしまったら残りの4.8kgを売り切るのに数か月かかってしまって、売り切るまでには他の豆種・焙煎度の在庫を焙煎する事はビジネス的に無駄で損をしてしまいます

なので最大投入1.2kg機ですが庫内の攪拌と熱回りの余裕を持たせて1kg焙煎で仕上り800gとして、予約頂いた200gお買い求め頂ければ、在庫として残るのは600g程度です

ですので、1ロット800g程度の焙煎量ならカフェ司程度の販売規模でも数週間で売り切って、常に新鮮な焙煎豆として在庫を保てます

ちなみに、、、

個人でお買い求め頂くお客様の場合では、現状シングルで500gが最大量ですので現状の1kgクラス焙煎器で足りていますが、もし業務卸としてレストランやホテルに納品承るように成れれば3kg以上機の導入を考えるかもしれませんが

個人のお客様に買って頂く場合には1kg規模でいろんな豆種・焙煎度でバリエーション豊かな在庫をご提供させて頂く方が良いかなと思っています

ここから下は誰にも内緒ですけど、、、

見栄とハッタリで大型焙煎器を設置して自慢しても

一度の焙煎量が多くて在庫が売れ残って損するのが嫌で

お客様からの予約焙煎のご希望は受け付けない

在庫が売れなければ新しい焙煎しない

そんな金儲け主義の店側の勝手な都合の焙煎豆の品揃えの店には

司は行きたくないし買いたくないと

自分が焙煎豆を買っていた一般消費者の客の立場だった時に感じました(^^ゞ

だから、、、

自分が焙煎豆屋に成ったら数百グラムの注文であったとしても、個人のお客様がコーヒーを楽しみたくてご購入して下さるのだから、在庫として手元に有る生豆の中からお客様のお好きな豆種の焙煎度の予約焙煎を承る店で在ろうと思い現在に至っております♪p(^o^)q

なので、、、

店の売上規模からすると、お店で販売している焙煎豆種類は多い方だと思います

だって、、、

何種類も見て比べて選べた方が楽しいですもんね♪p(^o^)q

ただし、、、

実際に店にご来店頂き実豆をご覧に成られて確認してご購入出来るお客様の場合はという事で、通販の場合は実豆をご確認してのご購入が出来ない点やその他の諸事情により販売豆種と焙煎度はある程度限定した販売種とさせて頂いております

今回焙煎したエチオピアのノンカフェイン豆の浅煎り焙煎の特殊事情として、、、

上記写真の向かって左が通常のエチオピアの生豆で

写真中央がノンカフェイン処理されたエチオピアの生豆で

写真向かって右が浅煎り焙煎後のノンカフェイン処理されたエチオピアの焙煎豆でAS値は58です

生豆はどちらのエチオピアも同じ生産地の豆でマイクロロットとして農園名まで遡って同じ生豆なのですが

生豆の状態でこのエチオピアのノンカフェイン処理された豆は、生豆の状態で既にAS70で、CityroastとHighroastの境界値まで色付いていますので、見た目上のアグトロン値では焙煎度を計る事が出来ません

司の経験則からの推測では多分AS数値で10~13程度の変率が有るのではないか?と考えています

なので今回のエチオピアのノンカフェの焙煎結果のAS58値は、表面上の見た目としての色付き数値としての意味しか有りません、豆内へのメイラード反応での焙煎度値だとAS値として+10~15点程の調整数値を変数して捉える必要が有り

結果として今回の焙煎豆の豆表面のAS58値は豆内焙煎度ではAS68~AS73程度と成り、中浅煎り/Highroastと浅煎り/Mediumroastの境界値帯焙煎度ではないかと思います

司の個人的な経験則からですが、、、

浅煎り系として美味しく味わえるのはASで70値前後以降からが、生豆特有のネガティブな雑味な酸味を抑えられ、酸味を美味しさとして味わえるメイラード反応を得られた焙煎度として良いのではないかと思っています

なのでカフェ司としてこのエチオピアのノンカフェインを美味しい酸味と甘さを伴なって味わえる最浅目として今回お客様から「美味しい酸味を楽しんでみたい♪」というご希望の予約焙煎にお応えした焙煎にしてみました♪p(^o^)q

ちなみにですが、、、

今回のエチのノンカフェのシングルも美味しいですが、丁度今在庫しているコロンのイタリと、浅煎り&深煎りのメリハリブレンドにしますと、これはこれでシングルでは絶対に味わえない美味しい味わいを楽しめますので

もし、、、

メリハリブレンドにご興味が御座いましたらぜひお試し頂ければ幸いでございます

ご来店お待ちしております<(_ _)>

10年一昔!?(爆)

本日26(月)カフェ司/Café 2kasaは、通常月曜日定休でお休みの日なのですが本日は臨時営業とさせて頂き、昼12時オープン~ラストオーダー夜10時までの営業と成ります、ご来店お待ちしております♪(^o^)v

2kasa
2kasa

10年一昔とは昔からよく言いますが、、、

ヤマハのルネッサを手に入れたのが今から10年前です

購入時から2in1のエキパイとスパトラのマフラーが付けられていました

後に知ったのですが、、、

このセットはとても貴重らしく、同じ4DN乗りの方々に羨ましがられて、ちょっとビックリしたり嬉しかったり♪(^o^)v

ウエアー類は赤色で揃えました

理由は、、、

この車体の唯一の彩色であるプラグコードの赤の差し色に合わせての選色です♪p(^o^)q

まだ糖尿病患う直前で52才の時の写真です

たった10年前の写真ですけど、、、

この後に糖尿病を患ってからの現在の老け方に比べると、別人のように若く見えます(^^ゞ

でも、、、

今でも「被り物ネタ」の時には結構若く見せれますので(爆)

これから涼しく成って被り物に良い季節なので、時々は被って若返ってみようかと想っている今日この頃の司爺で御座います♪(^o^)v

ホットドリンクの季節

9月も末に成って来ますと肌寒い日も有ります

そんな時は温かい飲み物が欲しく成りますよね♪(^o^)v

という事で縮毛矯正にご来店のお客様から温かい緑茶のご注文を頂きました

こういう時の入れ物としてはダブルウォールのコップだと温かい液体を入れてもカップが熱くなく持てて、そして保温性も良くてとても良いと思います♪p(^o^)q

★その他のメニューは下記ページをご覧下さいませ♪(^o^)v
カフェ司メニューページ >

熱量時間排気~変化率=焙煎

カフェ司 / Café 2kasaは自店で自家焙煎を行なってカフェ業務を務めてます

なので、、、

どんな豆種を仕入れるか

どんな焙煎度にするか

それらは自由に選択出来ます

焙煎において、、、

との豆種でどんな焙煎度かは重要ですが

それと同じ位か、それ以上に、、、

どう焙煎するのか=どんなメイラード反応にするのかはとても重要に成ります

なので、、、

全く同じ豆種・焙煎度でも、熱量時間排気~変化率等の各ファクターを整えローストレシピを操る事で、違う味わいの焙煎豆とする事も可能です

その各ファクターの無数の組み合わせの結果の味わいの「どんな味を目指すのか」が焙煎者の表現・仕事と成り楽しさでも有ります♪p(^o^)q

上記の二枚の排出した写真の焙煎豆は1ハゼ以降は全く同じローストレシピで、焙煎度も同程度で見た目はほぼ同じですが、生豆が色変化しメイラード反応が始まる頃から1ハゼまでの間での熱量時間排気~変化率のアプローチが異なります

なので表面上の色付き=アグトロン数値はAS64とAS66で中浅煎り/Highroastで、AS数値で僅か2点違いでほぼ誤差範囲で同じ焙煎度ですが、挽いて淹れて飲むと味わいは結構違ってきます

その違いを、、、

どう違うのか?

どれほど違うのか?

どちらの違いの方が自店のお客様(年齢層・地域性)には好まれるのか?

それらを焙煎者の経験・知識・感覚によって考察選択し、お店の基本焙煎レシピにします

また時として、予約焙煎の注文を頂いた場合では、そのご注文主のお客様のご希望やお好み嗜好にも配慮考慮したローストレシピとする場合も有ります

ただ、多くの場合には焙煎豆は店の味としての看板を背負う事に成りますので、基本的なローストレシピで常に再現性を伴なって安定した味わいの焙煎を心がける事が多いです

でも、何時も同じ事をただ繰り返していてはモチベーションの維持や緊張感も維持できませんし、機械みたいに同じ事の繰り返しだと飽きちゃいますから(^^ゞ

今回の2種類の焙煎のように、時々新しいローストアプローチを思考し試し検証したりしています♪p(^o^)q

こういう考察と検証は司にとって凄く楽しいので全く苦に成りませんので、自家焙煎業務は天職だと思います♪(^o^)v

そんな天職のような仕事に60才過ぎてから兼業として看板掲げ人生の最後の仕事として就けて、本当に幸せだと想う今日この頃の司爺で御座います♪p(^o^)q

山ちゃん初カプチーノ♪

山ちゃん初カプチーノご注文♪(^o^)v

カフェ司 / Café 2kasaのカプチーノは、、、

他所とはちょっと違うオリジナルなカプチーノレシピです♪p(^o^)q

他所のカプチーノと、、、

どこが?どう?違うのか?

もしご興味御座いましたらぜひカフェ司のカプチーノをお試し下さいませ♪(^o^)v

★その他のメニューは下記ページをご覧下さいませ♪(^o^)v
カフェ司メニューページ >

食べにくぅいっ!?(爆)

トマトなんです、、、

でも、、、

ちょっとだけ食べにくぅいっ!?(爆)

でも、、、

食べちゃうんですけどね(^^ゞ

一応ですが、、、

糖尿病で糖質制限している司にとって、太いキュウリとトマトが果物代りのご馳走と成りますので

夏が過ぎて太いキュウリが市場から消えるこれからの秋冬春はミニトマトが果物代りと成ります♪(^o^)v

なので、、、

もし司に何か食べ物のお土産をという機会が御座いました場合はミニトマトをお選び頂きますと、司はとっても喜びます♪、、、(^^ゞ&<(_ _)>

被り加減の考察22-09/21

本日21(水)カフェ司/Café 2kasaは、朝10時オープン~ラストオーダー夜10時までの営業と成ります、ご来店お待ちしております♪(^o^)v

2kasa
2kasa

糖質制限なんたらこうたらからの太キュウリのお決まりネタでは飽きられちゃうかなぁと心配で夜も寝れない小心者の司なので

今回は被りネタを文字通り被せてみました!?(爆)

やっぱり、、、

被り加減って大事ですよね!?(爆)

ちなみに、、、

最近少しだけ涼しくなってきて「被りネタ」がやり易いです(爆)

正直、、、

被ると結構暑いんですよ!(^^ゞ

真夏にニット帽を被ったと想像してみて下さい(汗)

なので、、、

年間通じて被っていらっしゃる方を心から尊敬する今日この頃の司爺で御座います(心から)

新セットご注文♪22-09/20

カフェ司のブログの「スパイシーバターコーヒー」と「ベーグル」はセットだとさらに美味しい♪の記事をご覧に成られたお客様が

「本当にセットだと美味しいのぉ?」

「どの位美味しいのぉ?」

と気に成って確かめにご来店

ちなみに、、、

最近司は「売上」と書いて「営業努力」と読む事にしています(爆)

まずはスパイシーバターコーヒーをお飲み頂きました

ご感想は、、、

「バターコーヒーだからもっと重い口当たりかと思ったら意外にしつこくなく品の良いコク感で飲み易い♪」

「そして後乗せの挽き立てのブラックペッパーの粒感と量が絶妙な加減のバランスでとっても美味しい♪」

と好評でした♪(^o^)v

そして次はベーグルをお食べ頂きました

ご感想は、、、

「一切れ口に入れた時に感じた、表面がパリっと芳ばしく焼き上がっているのに、裏のカット面はしっとり柔らかくて、その違った二つの食感の火入れ加減が絶妙♪」

そして、、、

「とっても控え目で上品な味わい、でもその上品さがパンチの有るスパイシーバターコーヒーの美味しさを惹き立てていて、一緒に頂くと本当に美味しい♪」

という事で、、、

ブログ記事の「スパイシーバターコーヒーとベーグルをセットだとさらに美味しい♪」は間違いなかったと太鼓判を押して頂けました♪\(^o^)/

また食べ終わってから、、、

「これって食べ易いように、ベーグルに切れ目を入れてから焼いて、男性のように噛り付いて食べられない女性の為に、指で千切り易く成るように切れ目を入れる一手間掛けてますよね?」

とご質問を頂き「はい」とお答えすると、、、

「そういう味に直接関係ない部分での心遣いもまたこのベーグルの美味しさの元に成っていると思います♪」

とお褒めのお言葉を頂けました♪(^o^)v

たった一杯の飲み物と、たった一皿のちょっとした食べ物ですが、それでも可能な限り少しでも美味しくお客様に召し上がって頂きたいとの想いでレシピを考え丁寧に整えてメニューにUPしましたが

その苦労が今日のお客様から頂いたご感想で全て報われた気がして、本当にありがたく嬉しかったです

無論、飲食物はそれぞれの方の趣味嗜好での好き嫌いですから、全てのお客様に同じく良しとは言って頂けないかもしれませんが、それでも不特定多数のお客様から一人でも多くの「美味しい♪」を頂きたいと考えに考え、試しに試し、試食に試食し、多くの方に試食して頂きご意見を頂き参考にして、カフェ司のメニューを整えています

なので今回だけ一瞬だけ、、、

高い木の天辺まで昇って天をも仰ぐ気持ちで少しだけ天狗に成らせて頂く事とします(爆)

直ぐにきっとまた挫けて泣く時が来ますから、笑える時に笑っておくのです♪と想う今日この頃の司爺で御座います(^^ゞ

昨日は繁盛させて頂きました

本日19(月)カフェ司/Café 2kasaは、通常月曜日定休でお休みの日なのですが本日は臨時営業とさせて頂き、朝10時オープン~ラストオーダー夜10時までの営業と成ります、ご来店お待ちしております♪(^o^)v

2kasa
2kasa

昨日は目と鼻の先の筋向いのYCC県民文化ホールで、小椋佳さんのファイナル・コンサート・ツアー「余生、もういいかい」が開催され、そちらに来られたお客様が多数カフェ司にお寄り頂けとても嬉しい営業日と成りました

でも、コンサート前の時間調整で使われるので、同じ時間帯に同時にお客様が重なり満席状態で、混雑によりオーダーをお出しするのに時間がかかってしまい、お待たせしてしまったお客様も居て、満席で嬉しい反面お待たせして申し訳ない気持にも成り

複雑な想いで沢山の洗い物をした司でした(^^ゞ

そして夜の時間帯にも、、、

多くの新規のお客様のご利用を頂け、午後からの小椋佳さんの流れのお客様と、夜からの新規客様のご来店により、一日のトータルの売り上げとして昨年の12月からのカフェ業務オープン以来で一番の売り上げを頂ける事と成りました♪\(^o^)/

1杯500円のコーヒーからの売り上げの積み上げですから、ご来店頂けたお客様お一人お一人のおかげで本当に嬉しく有難い事だと感謝しています<(_ _)>

去年の12月にカフェ業務本格スタートしてまだ今月で10ヶ月の新参カフェですので、今後も数多くのお客様のご来店を頂けますよう頑張りますので、これからもカフェ司へのご愛好を宜しくお願い致します<(_ _)>

エアロプレス考察22-09/18

※ライブ中止とお詫びの連絡です

本日9月18日(日)にカフェ司で開催予定の「tin」さんのライブですが

tinさんの職場でのコロナウイルスのクラスター発生の事情により

誠に残念ながら中止とさせて頂きます

ご予約を頂いていたお客様にはご迷惑をお掛けしてしますが

何卒ご容赦宜しくお願い致します<(_ _)>

100均のセリアさんのシャンプーボトルです

分解した状態です

今回使用するのは写真向かって左のボトルの上部のパーツです

エアロプレスでの抽出では、最下部の排出口径が結構大きくて、口の細いボトルとか保温ポット等にはそのまま抽出するとボタボタと零れてしまいます(^^ゞ

という事でシャンプーボトルの上部のパーツを逆さまにして容器の口のファンネル代りに使います

そうすると抽出口径の大きなエアロプレスでも口の細い容器に零さず入れる事が出来ます♪(^o^)v

エアロプレスで淹れる時に、、、

口径の小さなカップに淹れる時にも困ったりしますが

このパーツを使う事で、、、

口径の小さなカップへエアロプレスから直接入れる事が出来て便利です♪(^o^)v

他にも探せば流用出来たりちょっとした加工で同じようにエアロプレスのファンネルとし流用出来る物は有ると思いますので

皆さんもいろんな創意工夫をしてエアロプレス淹れを楽しんで下さいませ♪p(^o^)q

キュウリは果物♪220917

※ライブ中止とお詫びの連絡です

9月18日(日)にカフェ司で開催予定の「tin」さんのライブですが

tinさんの職場でのコロナウイルスのクラスター発生の事情により

誠に残念ながら中止とさせて頂きます

ご予約を頂いていたお客様にはご迷惑をお掛けしてしますが

何卒ご容赦宜しくお願い致します<(_ _)>

糖尿病を患い糖質制限をしていて果物を食べられない司にとって

太くて長くて大きく瑞々しいきゅうりは果物代りのご馳走と成ります♪p(^o^)q

ちなみに、、、

カフェ司のメニュー作りでは司自身で何度も試食してレシピを整えています、つまり文字通り命を懸けた味作りで整えたレシピですので、ご機会御座いましたらぜひご利用頂けますと嬉しいです♪(^o^)v

★メニューご覧下さいませ♪(^o^)v
カフェ司メニューページ >

新セットご注文♪22-09/16

スパイシーバターコーヒー

「スパイシーバターコーヒー」と「ベーグル」は共に最近メニューにUPして、この二品はセットで食べるとメッチャ美味しいとブログに記事UPしたのですが

それを観たあきとさんが「本当にセットだとそんなに美味しいの?」と気に成ってご来店♪

ちなみに、、、

最近司は「売上」と書いて「営業努力」と読む事にしています(爆)

まずは「スパイシーバターコーヒー」をお飲み頂きました

あきとさんのご感想は「これはっ!結構ガツンと来る!凄く濃厚な味わい!でもこれはこれで美味しい♪」との事でした♪(^o^)v

続いて「ベーグル」をお食べ頂く

あきとさんのご感想は「ベーグルもとっても美味しい♪そしてこの二品セットで食べたら美味しいの意味が解った!ベーグルの薄味で品の良い美味しさと、ガツンと濃厚な味わいのスパイシーバターコーヒーの良さが、一緒に飲みながら食べると相乗効果でより美味しく成る♪」との事でした♪(^o^)v

この二品をメニューUPした時に司がセットで味わって頂いた時に感じて頂きたく折り込み忍ばせたテイスティングをそのままに感じて頂けて

心の中で小さくガッツポーズな司♪p(^o^)q

なのは誰にも内緒です(^^ゞ

※他のフードメニューはこちらをご覧下さいませ
カフェ司メニューページ >

ホンダさん止めて!

HONDA CL250 SCRAMBLER

ホンダさんが、、、

こんなバイクを発売するとか?しないとか?

お願いだから発売しないでぇ!(懇願)

現状新車で欲しいバイクが無いから、、、

ルネッサに乗ってるのにぃ(^^ゞ

売り出されちゃったら我慢出来ないかもぉ(汗)

ちなみに、、、

司の好きなバイクはネイキッド系かスクランブラー系なんですよね♪(^o^)v

なのでヤマハのルネッサとか今回のホンダのCL250 SCRAMBLERはハートを射抜かれちゃいます(^^ゞ

超深煎り/Italianの考察

写真は、、、

コロンビア・スプレモ・ウイラ・サンアグスティンPitalito地区限定の生豆を

超深煎り/Italianroast(アグトロン値AS26)に煎り上げた焙煎豆で

コロンビアのイタリアンローストのニュートラル値ど真ん中ジャストです♪p(^o^)q

最近メニューに加えたスパイシーバターコーヒーの淹れ用としてイタリアンを焙煎する必要性から頻繁にイタリアンを煎る事が多く

イタリアンローストの焙煎レシピのアプローチを微妙にアレンジして考察しています

焙煎なんて所詮は煎るという行為ですから、、、

言ってしまえば、熱と時間と変化率とダンパー調整と豆種・品質と豆量と室温・湿度の相対性で決まるとっても簡単な施術で、拘らなければ凄く簡単な仕事です(^^ゞ

こんな事を自家焙煎を仕事にしていて焙煎豆を売って淹れる事に従事してる人間が言ってはダメなのかもしれませんが(爆)

口でどれほど難しい事をしていると声高く見せかけたって真実は何時かバレますし、真面目に丁寧に焙煎している方は解ってる事ですから、無理に焙煎が難しくて特別な事だとは言い張っても意味が有りません(爆)

現実に素人の方がご家庭で、手鍋や手網で自家焙煎をなさっている時代ですし、人によってはその自家焙煎豆を通販販売されていらっしゃる方もいらっしゃいます

だから焙煎をしている、焙煎をするという行為に対して、特別凄い事をしているなんて己惚れていたら、あっと言う間に素人の方々に焙煎のテクニックで並ばれ追い抜かれちゃう事に成ります

大切なのは焙煎をするという事ではなく、手鍋とか手網とか焙煎器かどうかという器具や手段ではなく、どんな焙煎を目指して、どんな焙煎に煎れるのか?という仕上りの結果しか意義も意味も無いのです

そこのほんの僅かな差異に対してどこまで拘り具現化するのか?その検証と解明とさらなる創意工夫の正確性と的確さで競う競えるのが本当のプロで有り技術者だと思います

それには、、、

昔からそうしている・そう教わった・誰もそうしている等と言う風習や習慣や思い込みやおまじないや言い伝えでは真理には近づけません(爆)

でも、創造性と検証と解明と創意工夫の積み重ねが有れば、時間はかかってもゼロスタートでも良い結果が残せるように成りますし、習った刷り込みではなく、自分で体験し検証と実証からの経験値の積み重ねは理解を伴なった心強い味方と成ってくれます♪p(^o^)q

カフェ司 / Café 2kasaでのコーヒー淹れでは、、、

カフェ司オリジナル抽出方法の「2kasa式」で淹れています

2kasa式は「透過式/ドリップ」と「浸透式/ボイル」の二面性を上手に組み合わせ両式の良さを備えたハイブリット形で、味わいの再現性が高く抽出効率が安定していて、テイスティングとカップリングの中点的な位置付けの淹れ方と成り、通常の淹れとしても焙煎後の試飲にも適していて便利な淹れ方で重宝しています♪p(^o^)q

なので、、、

毎回の焙煎レシピの記録と試飲の検証は、焙煎業務に従事た経験も焙煎教室に通う事も無かったゼロスタートの司にとっては唯一の味方と成ってくれる大切な仲間なのです♪(^o^)v

今回の超深煎りはアグトロン値でAS26でのイタリアンローストのど真ん中ですが

司の個人的な意見としては美味しい深煎りの限界値なのではないかと思います

無論AS26以下に焙煎するのは物凄く簡単な事です、ただし単にAS26以下に煎るという事と、美味しいAS26以下に煎るという事は、天と地の如く違う事柄に成ります

ですので焙煎者として、自分が自信を持って美味しい焙煎豆としてお客様にご提供させて頂ける境界はAS26前後が限界かなという気がします

ちなみに今回のコロンビアの超深煎り/Italianroastは、試飲したところとっても美味しかったです♪\(^o^)/

特に甘さが凄く感じられ深い苦味と相まってもそれが何とも言えないボディー感として美味でした♪(^o^)v

理屈じゃなくって、まずは美味しい事が第一ですね♪(^o^)v

理屈は、、、美味しく出来た後に必用に成ります

何故美味しく出来たか?を理解検証できなければそれは「たまたま偶然のまぐれ」という事に成ってしまって再現性が得られません、再現性が得られなければそれ以降の発展性も皆無で得られません

仕事とは、高いクオリティーを・高い再現性を持って・効率的な方法で・最小のコストで行い、常にお客様に提供出来る状態を維持する事が理想だと想う今日この頃の司爺で御座います♪p(^o^)q

※但し書き、、、

AS26値云々はあくまで司が美味しく煎れる深煎りとしての限界数値ですので、他所他者さんはもっと深い領域まで美味しさを伴なって煎れる方もいらっしゃるかもしれませんので誤解無きようお願い致します

(司程度の焙煎ヒヨッ子の限界値が世の限界値と己惚れない程度の賢明さは持っております)