未分類

ミュージシャンって凄いっ!城南海「青春の影 」

★ミュージシャンって凄いっ!城南海「青春の影」

城南海(きずき みなみ)さんが歌われる「青春の影」。

歌が上手くて、表現力が素晴らしくて、なによりその歌声が素敵。

技術と表現力と声質の三つ全て揃ってる人が、、、

なおかつ歌う事が大好きで、その上努力する事を厭わない、、、

という五つ揃った完璧さ。

素晴らしい歌い手が歌うと同じ曲なのに全く違った魅力が生まれます。

歌や演奏って奏でる人の数だけいろんな表現が有ります。

ミュージシャンって凄いですねっ♪p(^o^)q


微粉をコントロールして味わう意味

★微粉をコントロールして味わう意味

微粉セパレーター

先日焙煎豆をご購入頂いたお客様に「微粉セパレーター」をお貸出しさせて頂きました。

微粉をコントロールしてコーヒーを味わう意味とは何だと思いますか?

無論微粉が悪という事ではなく、頭ごなしに微粉をただ取り去れば良いという事でもありません。

でも、、、

コーヒーの豆をミルで引く時に微粉が出てしまう事は物理的に避けられず。

またコーヒーを淹れる時に微粉がお湯・水に触れた瞬間に微粉からエグミや渋味という雑味が抽出されてしまうのなら。

直接的な美味しさには繋がらないエグミや渋味という雑味の抽出を最低限抑えたい。

それが美味しい抽出と成り、良い生豆と上手な焙煎を味わえる最善の手段と思います。

逆に言えば、、、

微粉を取り除いて淹れて飲んでも雑味を感じたら、、、

それは不必要に焦げた焙煎であるとも言えると思います。

つまりは微粉を取り除かずに淹れて飲んでもらって煎る方が、不必要に焦げた焙煎がバレずに済むのです(^^ゞ

でもね、折角スペシャルコーヒーと呼ばれる上質な生豆を使って泥濘に一生権威に焙煎してあれば、雑味の元となる微粉を少しは取り去って、上質な酸味や甘味と美味しい苦味を味わって欲しいと思うんです。

隠したい事が無いからこそ、焙煎の本当の味わいを明確に味わって欲しいから微粉をコントロールしてもらいたいのです。

コーヒーは苦い物です。

でも、、、

それはエグミや渋味を伴なった雑な苦味じゃないんです。

上質な生豆を、上手に焙煎すれば、そしてその焙煎豆を新鮮なうちに挽いて飲めば、新鮮だからこそ味わえる上質な酸味と美味しい苦味をお飲み頂け本当のコーヒーの旨味を味わえます。

もし微粉をコントロールして淹れたらどんな味わいと旨味を感じられるかご興味有りましたら、Café 2kasaで焙煎豆をご購入する時に「微粉セパレーターを使ってみたい♪」とお声を頂ければ無料で微粉セパレーターを貸し出しサービスさせて頂きますので、お気軽におっしゃって下さいませ。

 

★Amazonで購入出来ます♪

安価で、サイズも小さくて、軽くて、見た目もお洒落なので、とりあえず微粉を少しでも除去して飲んでみたい場合や、お一人分の微粉を除去したい場合にお薦めです。


Uruさん「メロディー」

★Uruさん「メロディー」

Uruさんによる「メロディー/玉置浩二」のカバーです。

コピーは物真似でどこまで行ってもオリジナル以下。

カバーは表現でオリジナルに並べれる。

さらにその上は何と言えばよいのでしょう、、、

オリジナルと並ぶかそれ以上の素晴らしさで魅了される。

それは飛び抜けた歌い手の資質であり表現力だと思います。

歌や演奏って奏でる人の数だけいろんな表現が有ります。

ミュージシャンって凄いですねっ♪p(^o^)q


世界でただ一軒!?髪&焙煎同時美容院♪(爆)

★世界でただ一軒!?髪&焙煎同時美容院♪(爆)

カラー中焙煎(爆)

多分ですが、、、

実際に調査した分けでは有りませんが、、、

司美容院は、髪と同時にコーヒーの焙煎を同時に注文できる世界でただ一軒の美容院だと思います(爆)

だってね、、、

司は営業というか金儲けが下手なので(^^ゞ

髪の予約を承る時に、何時も焙煎豆もご購入して頂いているお客様だとは思いながらも、お客様から髪のご予約のご連絡を頂いた時に、お客様から焙煎豆のご予約のお声がかからなかった場合は、、、

「あぁ、今回は焙煎豆要らないんだなぁ」と思って自粛してしまって。

お客様が積極的に欲しく無いのなら無理に勧めご迷惑になってはいけないと焙煎豆の営業に繋がる言葉はぐっと我慢して飲み込んじゃうんです(^^ゞ

そうしたら、髪にご来店頂いてお顔を拝見した瞬間にお客様から「言い忘れちゃったけど今日も何時もの焙煎豆を500g買います♪」とのお言葉(汗)

という事で、、、

200~300g位なら在庫の焙煎豆でお売りする事が出来るんですけど、現状のCafé 2kasaの販売規模だとご希望の焙煎豆が500g常に在庫に在るという分けには行かないので。

この度カラータイム中に焙煎させて頂きました♪p(^o^)q

これからは髪してる間に同時に焙煎して煎り立て焙煎豆が購入できる世界でただ一軒の「髪&焙煎同時美容院」として売り出そうかしら♪(^o^)v

 

500gお買い上げ♪


髪終わって焙煎も間にあってCafé 2kasaの自家焙煎豆をご購入頂けました♪(^o^)v

お客様にはカラータイム中に店内に漂うコーヒー豆の焙煎の何とも言えない芳ばしい良い香りの中に身を置いて味わって頂け「凄い素敵な香りぃ~♪」とたいへん喜んで頂けましたので。

マジで、、、

髪しながら同時に焙煎での芳ばしい良い香りの中に身を置いて味わうサービスを売り出そうかと思ったりしちゃいます(爆)


ミュージシャンって凄いっ!城南海「メロディー」

★ミュージシャンって凄いっ!城南海「メロディー」

※このバージョンはちょっとリバーブが深すぎる感じで城南海さん本来の唄の素敵さは伝わり難いかと思いますが、良い音源のPVは「リクエストによる埋め込み無効」と成ってこのブログ上にUPしてご紹介出来ませんでした、ごめんなさい<(_ _)>

城南海さんの素晴らしさで心が震えますよ♪p(^o^)q

城南海(きずき みなみ)さんが歌われる「メロディー」。

玉置さんが歌われる「メロディー」を聴くと涙がにじむ私ですが、、、

城南海さんが歌われる「メロディー」を聴くと涙がこぼれます。

歌が上手くて、表現力が素晴らしくて、なによりその歌声が素敵。

技術と表現力と声質の三つ全て揃ってる人が、、、

なおかつ歌う事が大好きで、その上努力する事を厭わない、、、

という五つ揃った完璧さ。

だからこそ城南海さんの歌は私の心を揺さぶり自然と涙がこぼれます。

歌や演奏って奏でる人の数だけいろんな表現が有ります。

ミュージシャンって凄いですねっ♪p(^o^)q


2kasa式に最適なコーヒードリッパー

★2kasa式に最適なコーヒードリッパー

コーヒードリッパー

いろいろとドリッパーを購入して使ってみて、、、

実際の淹れる時の使用感や、使用後の洗い易さや保持感を含めて実感したのは。

Café 2kasaのオリジナルのコーヒーの淹れ方の「2kasa式」に最適なコーヒードリッパーはこのドリッパーでした♪(^o^)v

価格も安いですしプラだから汚れにくいし軽いし錆びないしで良い感じです♪p(^o^)q

なので、、、

貸し出し用として数確保したかったので大人買い(爆)

 

組み合わせ


2kasa式ではペーパーフィルターではなく金属フィルターと組み合わせて使います。

 

2kasa式


実際にはこんな形で運用します。

金属フィルターのサイズと形状と、ドリッパーのサイズと形状と、カップのサイズと形状と、淹れたい容量とを考慮してベストマッチングを図ります。

所詮は道具ですから、、、

一長一短、得意不得意が有りますので、使い手がその道具の特性や制約を明確に理解し上手に使いこなす事が重要と成ります。

考慮すべき項目を漏らさず全て明確にし、配慮すべき実務上の問題点に最適な対応をする、それは技術者としてコーヒーでも髪でも写真でもPAでも全ての技術職で必要で求められるスキルだと思います。

あとはその実務での労苦を楽しめるかどうか?

それが天職と思えるかどうかの分かれ目だと思います。

司は幸せな事にコーヒーでも髪でも写真でもPAでもその労務はとても楽しいと感じ思えました。

私はビジネスセンス=お金儲けの資質は無いのかその努力の仕方が足りないのか間違っているのか貧乏なのですが(^^ゞ

関わった仕事は全て天職と思えるほどに楽しめて来ました。

きっと神様はそれほど甘くも優しくもないので、天職という喜びだけ頂けたのだろうと思います。

でも、それ「だけ」じゃないですよね、そんな「にも」頂けたというふうに受け取らないと罰が当たると思います。

無神論者だけど、、、(爆)

 

★Amazonで購入出来ます♪

円錐形なので金属フィルターを使用する場合にとても使い易いです、また食洗機可で、熱湯も可で、価格も安く、しかも2007年度グッドデザイン賞受賞と見た目も素敵♪(^o^)v


糖尿病患者の独り言

★糖尿病患者の独り言

糖尿病患者の主食

糖尿病患者の司の主食は「お豆腐」です。

何と言ってもお豆腐は100g当りの炭水化物の含有量が絹ごし豆腐で2gです♪(^o^)v

しかもこのお豆腐のお値段は通常価格で税込み価格で何と31円なのです♪\(^o^)/

低糖質で低価格で、煮たり焼いたりしないでそのまま食べれて、煮たり焼いたりしても食べられ、塩分も脂質も少なくて、元は大豆ですからヘルシーで消化もし易くて素晴らしい健康食品なのです。

食生活って習慣なのです、、、

だからご飯を主食に過ごし育ってきた日本人にとって食事時に白米ご飯を食べれないのは凄く辛くて悲しくて辛抱が必用なんですけど。

でも、炭水化物(お米のご飯や粉物の麺類等)を制限節制した食生活を数か月おくっていると、有る時からご飯食べたい麺が食べたいという欲求がすっと消えて、我慢して食べないのではなく、食べても食べなくてもどちらでも良いという感じの上であえて食べないという、我慢ではなく選択の一つとして無理なく食べなくてもいられるように成ります。

無論その制限節制への無意識下での対応は個人差が有って、どうしてもご飯が食べたい麺類が食べたいという欲求に我慢が出来ない人も居るでしょうし、我慢が堪らなく辛くて苦しいという方もいらっしゃるとは思いますが。

幸にも司は数か月の炭水化物の制限節制によってお米と麺類への依存性は薄れて、結果として食生活の改善に無理なく対応が出来ました。

そりゃ正直に言えば、、、

今だってお寿司は食べたいし、丼物も食べたいし、ラーメンもそばもスパゲッティーもたこ焼きもお好み焼きもパンもフライドポテトもポテトチップもおせんべいもスナック菓子も飴もチョコもケーキもたい焼きもアイスクリームも大好きですから、食べても良いと言われたら毎日朝昼晩三食とオヤツにと食べまくりたいですけど(^^ゞ

でも、夜も眠れない程に辛くて我慢が辛いという分けでは有りません。

だって食べる量を制限されてお腹が空いたりしての飢餓状態に置かれてるわけではなく。

お肉もお魚もお野菜も乳製品も食べる事は許されているという幸せな食生活を送れるのが糖尿病患者なのです。

ただ炭水化物(糖質)を制限すれば良いだけなので、他の深刻な病気治療や症状の方に比べたら楽だし幸せな部類の病気だと思います。

でも糖尿病を長く患って病状が悪く成ったら、そりゃ深刻な状態に成りますけど、その前にちゃんと自分で節制さえすれば健康は維持でき回復出来る病気なので、自分の身体の事ですから、自身が努力し頑張るのは当然の事だと思います。

糖尿病に成ってその合併症として、白内障と病網膜症黄斑浮腫と前立腺とバネ指を患った司からの助言と言うかアドバイスとしては。

今健康な人でも炭水化物の摂取を少し控えて、ご飯や麺類や甘い物の代わりに、お肉やお魚やお野菜や乳製品の摂取量を増やせば、糖尿病を患わなくて済みますので、糖尿病に成って合併症に苦しむ前に自己防衛なさると良いかと思います。

糖尿病はねそれほど痛くないし辛くないんですよ、、、

でも糖尿病からくる合併症は辛いし痛いし苦しいんです(^^ゞ


ミュージシャンって凄いっ!玉置浩二「メロディー2014」

★ミュージシャンって凄いっ!玉置浩二「メロディー」

玉置浩二さんが歌われる「メロディー」はどれも素敵ですが。

私はこのくらいに力まない感じに歌う「メロディー」が特に素敵だと思います。

言えば、、、

1万回転まで軽々とよどみなく力強く回り切る最高の12気筒エンジンが。

アイドリングから足の親指を僅かに踏み込んで1.500~2.000回転にクリッピングしたときの余裕と、この先にどれほどよどみないパワーが湧き出て来るのかと思わせる感じと言いましょうか。

ただ、ただ、素敵。

どうして歌を聴いているだけで涙がにじむのでしょう、、、(T_T;;

歌や演奏って奏でる人の数だけいろんな表現が有ります。

ミュージシャンって凄いですねっ♪p(^o^)q


ソイラテフォーム好評♪

★ソイラテフォーム好評♪

ソイラテフォーム好評♪

ソイラテフォーム好評です♪

こちらのお客様は本当はコーヒーが苦手というかお嫌いな方なのですが。

それでもこのCafé 2kasaのソイラテフォームは美味しいとお飲み頂けます♪(^o^)v

無論通常のソイラテフォームのベースコーヒーよりは苦味を抑えたミディアムローストを主としたライトテイストなブレンのドレシピでお淹れさせて頂いていますが。

やはり一番の功績はコーヒーの上に乗せるフワッフワで甘いまるでアイスクリームを乗せたコーヒーフロートのような豆乳ミルクの泡がコーヒーと一緒に醸し出すスイーツ感が思わず「美味しいぃ~♪」というご感想につながっていると思います。

甘いだけじゃなくて、そこへほろ苦さが加わる事によって、より一層の甘味を感じられてとても幸せな気持ちと満足感を味わえるのだと思います。

甘味が苦手な方はソイラテフォームへの加糖を減らしたり無しにすれば、ほのかな甘さだけの軽い味わいで楽しめますし。

濃く苦いコーヒーがお好きな方にはベースコーヒーをフレンチローストを主としたビター感溢れるヘビーテイストなブレンドや、一気に苦味だけを際立たせた超深煎りのイタリアンのシングルローストで味わう事も出来ます。

ですので、、、

ソイラテフォームと言うと甘々なイメージを持たれる方も多くいらっしゃると思いますが、ソイラテフォームへの加糖の甘さの加減と、ベースコーヒー自体の苦さの調整により、苦くて甘いとか、苦くて甘さはほのかにとか、ほのかに甘くて爽やかで控え目な苦さでと、各ファクターをお飲み頂く方のその時のご希望に合わせて何通りにでもレシピは調整可能ですので、軽くとか重くとか甘くとか苦くとかいろんな味わいで楽しんで頂く事が可能なのがCafé 2kasaオリジナルのソイラテフォームです♪p(^o^)q

ご興味御座いましたらCafé 2kasa並びに司美容院にご来店ご来訪の際に「ソイラテフォームお願い♪」とお気軽にご要望下さいませ♪(^o^)v


ミュージシャンって凄いっ!石川さゆり「秋桜 」

★ミュージシャンって凄いっ!石川さゆり「秋桜 」

石川さゆりさんが歌われる山口百恵さんの「秋桜」

歌を歌う時に声を張ってそこそこ上手な人は有る程度居ます。

でも、声を抑えて静かに優しく歌った時に上手に素敵に表現して歌える人はとっても少なく、その表現はごまかしがききません。

抑えた時に、声が徐々に小さく成って消えていく時に気持ちが乗せられる・伝わって来る歌い手さんの歌は背中がゾクゾクっとして心の中に歌詞が沁みて来ます。

歌や演奏って奏でる人の数だけいろんな表現が有ります。

ミュージシャンって凄いですねっ♪p(^o^)q


縮毛矯正のお客様

★縮毛矯正のお客様

縮髪矯正仕上り

縮髪矯正の仕上がりです。

今日の縮髪矯正のレシピは生え際の産毛に対して薬剤の作用量を上げて施術させて頂きました。

また全体への薬剤の作用量は下げて施術しダメージは軽減しながら、逆にトリートメントの作用量をかなり高め、これからの寒さが本格的に厳しく成り暖房が強く成り髪の乾燥に対してのケアー重視のレシピにて施術させて頂きました。

お寿司屋さんではないのですが、、、

お客様へ「今日のお薦めの一品」として美容室から今この時のベストマッチレシピをご提案させて頂くのは技術者としての当然の仕事だと思います。

言い方を変えると、、、

常に最善を求めて、前回までの結果を考慮して、今日の目の前のお客様の髪を拝見して最も最良な結果が残せるようにアジャストし続ける事こそが技術者の仕事だと思います。

知識を得て練習して手練れてお客様に縮毛矯正の施術を出来るように成った、それは練習から本番への終焉では有ったとしても、そこから始めて本番という身の凍る程の緊張感の上で培う経験を積んでこそ技術力は高まります。

つまり出来るように成るまでどんなに辛くて頑張ったとしても、そこから始まる一人目のお客様・一度目の施術から、技術者としての手練れの道を歩むのです。

そうして一人一人のお客様、一度一度の仕事、それらを飽きずに諦めずに丁寧を尽くして最善を求め続けた期間が「技術者の経験」となり、大切な財産と成ります。

丁寧を尽くさず最善を求めない仕事は「ただ回数行った」だけで経験値は上がりません。

何回しても、何百回しても、何十年続けても、、、

「丁寧を持って最善を尽くす」技術者で有りたいと思います♪p(^o^)q

こちらのお客様は、、、

遠路東京からのご来店、感謝です/(_ _)\

遠路からのお客様は「神様からの頑張ってる技術者へのご褒美」で丁寧な仕事への勲章だと思っています、だから次もまた遠路からご来店頂けるように精一杯頑張ろうと思います、何時までもご褒美が頂けると良いのですが、、、

昨日までも、今日も、そして明日も、精一杯頑張ります!p(^-^)q


生豆「ビルカマウンテン・Qグレード」

★生豆「ビルカマウンテン・Qグレード」

ビルカマウンテン

写真向かって左/7~5mmサイズ生豆930g、右/5mm以下サイズ生豆70g。

今日から生豆「ビルカマウンテン・Qグレード」の焙煎の探求を始めます♪p(^o^)q

※アンデス山脈標高1,700mの地点にあるビルカバンバ村は世界三大長寿村の一つとして世界的に名前が知られている自然に恵まれた山岳地帯の谷の村で現地では”聖なる谷”と言われていて、ビルカバンバ村は標高1,700mの高地にあるため、年中温暖な気候で過ごしやすく快適な土地で、水量にも恵まれ”命の水”と言われるビルカバンバ川が流れていて、この村の綺麗な空気、豊富な水、温暖な気候、農業を中心としたストレスのかからない生活スタイル、このような昔ながらの環境で生活するビルカバンバ村の住民が長寿の方が多い理由と考えらけている。

※風味>酸味とコクのバランスに優れ、素晴らしい酸味とメイプルシロップのような甘味、チョコレート風味を持つと高い評価を受けている雌柄。

※生産地>エクアドル共和国(Republic of Ecuador)、ロハ州(Loja)ビルカバンバ村(Vilcabamba)

※標高>1,700m~

スクリーンサイズ>S19‥9%、S18‥21%、S17‥29%、S16‥22%、S15‥19%

Qグレードポイント>83.75点

焙煎を始める前段階の準備作業として焙煎度のムラを極力少なくする為に粒度選別してみました。

今回の生豆「ビルカマウンテン・Qグレード」の1kgの粒度選別の結果としては、、、

※7mmメッシュで選別して残るLサイズは1%以下=0g(誤差範囲としてスルー)

※7~5mmメッシュ間の選別で残るMサイズは93%=930g(メイン焙煎用豆)

※5mmメッシュで選別して落ちるSサイズは7%=70g(小豆取り置き)

という事でCafé 2kasaとしてメインで使用する「ビルカマウンテン・Qグレード」の焙煎生豆としては、生豆1kgの内930gがメイン豆とし、70gを取り置き小豆とする粒度調整作業後に焙煎業務を行う事に成ります。

※メインでの焙煎で使用しない5mm以下のSサイズ豆は、、、

メインの焙煎用の豆とは粒度が違う大豆と小豆は一緒に焙煎すると焙煎度がムラに成ってしまう元に成るので本焙煎には使用せずに取り置きとしますが、実はこの「メインの焙煎では使用しない取り置きの豆にはとっても素晴らしい素質が有る」んです、ある意味で生豆全体の数パーセントですから「希少で貴重で高価に値する生豆」とも言えます、つまりはこの数パーセントだけ選別した生豆だけを集めたスペシャルメッシュローストが可能に成ります。

10kgの生豆から選別して僅か数百g分だけ選り分けした粒度が別格に揃ってるスペシャルメッシュビーンズだけを選別してのスペシャルメッシュローストですから、言えば「Café 2kasaのスペシャル特選豆でのスペシャル焙煎」でのSメッシュSロースト!

このSメッシュSローストのSS特別焙煎レシピは既に司の頭の中で構築して有ります、大豆ちゃんと小豆ちゃんの両極端の粒度を手間と時間をかけて選りすぐった「希少で貴重で高価に値する生豆」での焙煎として、、、

超浅煎りなのか?

直球ど真ん中の中煎りなのか?

超深煎りなのか?

さて皆さんならどうします?

どんなディベロップメント(焙煎度合)で、どんなメイラード反応(味わいに深く関与)での、どんな焙煎レシピにします?

SメッシュSローストのSS特別焙煎レシピの今後にご期待下さいませ♪p(^o^)q

 

★何故「Café 2kasaは焙煎時に生豆の粒度調整作業を行うか」の理由

コーヒー豆の焙煎って、、、

簡単に言ってみれば、表面を焼き、内部に熱を込める作業に成ります。

※表面を焼く=見た目上の豆表面の焼き色としてのディベロップメント(焙煎度合)

※内部に熱を込める=味わいの組み立てとしての豆内へのメイラード反応(味わいに深く関与)

ビジネス上として、お買い求め頂くお客様からの見た目としてどんな色合いに焙煎されているかという部分でディベロップメント(焙煎度合)は、ロースト加減の簡単な基準としては必要なのですが、、、

この表面的に見て判断区別出来るという安易さで焙煎豆を購入していると本来の目的の味わいに近付く事は出来ない場合が有ります。

例えば、、、

サンマを焼いたとして、表面が凄く焦げて色が黒く濃く見える(=焙煎豆で深煎りの色に見える)、でも中は半生で火が通っていない(=焙煎豆で芯残り)という事も有ります。

また逆に、サンマの表面が全く焦げていなくて色が薄く見えても中までしっかり熱が込めて有り生焼け部分が全くないという焼き方も有ります。

ですので、、、

コーヒーの焙煎にとって最も重要なのはぱっと見の表面では見えない豆内部への熱の込め方=メイラード反応こそが、どんな味わいに焙煎されているかに重要な意味を持ちます。

なのでコーヒーをどんな味わいで飲みたいか本来は、、、

見た目上の豆表面の焼き色としてのディベロップメント(焙煎度合)よりも、味わいの組み立てとしての豆内へのメイラード反応(味わいに深く関与)を重視する必要が有るのですが。

味わいの組み立てとしての豆内へのメイラード反応(味わいに深く関与)をコントロールして、焙煎者として目指し求める味わいを表現するのはとても難しい作業に成ります。

その難しさの上限を少しでも下げ仕上りのクオリティーと再現性を高める為にCafé 2kasaとしては生豆の粒度調整が不可欠と考え、全ての生豆の焙煎作業の前に粒度調整作業を行っています。

簡単に言えば、、、

唐揚げを作る時に、大きなお肉の塊と小さなお肉の塊を一つの鍋で同時に揚げる、またはステーキを焼く時に、厚いお肉と薄いお肉を一つのフライパンで焼く、として大きさの違うお肉の塊や厚さの違うお肉を同時に一緒に調理して同じ焼き加減に均等に熱を込められるのか?

という疑問が焙煎を始めようと思った私の頭に最初に浮かびました。

でも、これだけ情報がネットで溢れていてYouTubeでもコーヒー系の動画がUPされているのに、、、

コーヒーの生豆の焙煎時に粒度調整をしてから焙煎するという事柄を見聞きする事が出来ませんでした。

もしかしたら私が上手に検索できなかっただけで粒度調整してから焙煎するという情報や動画がUPされていたのかもしれませんが、Café 2kasaとして2019年の夏に自家焙煎を始める時には検索できませんでした。

でも、、、

世の誰も(物凄く少数かも)が粒度調整していなかったとしても、物理的に容量(大きさや厚み)の違う物に同時に熱を込める作業としては内部の焼け方を同じには出来ないと私は考えましたので、例え他の誰か世の殆どの人が焙煎時に粒度調整していなかったとしても、Café 2kasaとしてはこの世に一人だけでも生豆の焙煎時には事前の粒度調整を行うべきと考えました。

以上が何故「Café 2kasaは焙煎時に生豆の粒度調整を行うか」の理由に成ります。


ミュージシャンって凄いっ!石川さゆり「大空と大地の中」

★ミュージシャンって凄いっ!

石川さゆりさんが歌われる松山千春さんの「大空と大地の中」

本当に歌唱力と表現力の有る歌手の方って、、、

他の方の曲を歌っても、まるでその方のオリジナル曲のように魅力的に聴こえます。

コピーは物まね=オリジナルより優れません。

カバーは自己表現=表現の仕方によってはオリジナルと並び、時として超える事も有り得ます。

その楽曲をどう解釈しどう自分なりに表現するのか、その力が高ければオリジナルに負けない程聴く身に響き心に沁みます。

歌や演奏って奏でる人の数だけいろんな表現が有ります。

ミュージシャンって凄いですねっ♪p(^o^)q


ヘアマニキュア

★ヘアマニキュア

トーンダウンカラー

ヘアマニキュアでのトーンダウンカラーのブラック単色染めです。

髪の色って基本的には個人の嗜好=お好みで、または流行でお選び頂くと良いと思います。

ただ、ヘアスタイルによっては、より似合うorより髪型が栄えるという髪型への相性の良さが有ります。

そういう意味で縮毛矯正のストレートヘアーには黒色の方が栄えます。

無論、その基本には「日本人の髪なら」という要素が加味されてのマッチングの良さです。

また、本来黒い髪は質感的に一番重く見えるのですが、その重過ぎる分のウエート感は縮毛矯正によって最も頭部が小さく収まり軽く見える質感によりカバーされ。

そのうえで根元から毛先までの色味の変化=通常ロングで起こり得る中間~毛先のダメージによる退色という色ムラが抑えられ。

なおかつヘアマニキュアによる毛表皮へのカバーリング効果で見た目が艶々に、また手触りがツルツルに成ります。

ですので縮毛矯正やストレートヘアーには、通常のカラー剤によるブリーチによる髪や地肌へのダメージの危険性を全く受けずに、髪の退色や手触り艶感のケアーとしてヘアマニキュアのブラックカラーでのトーンダウンカラーは最適だと思います。

また、通常カラーされている髪の場合でも、少し色が退色したり明る過ぎると感じてトーンダウンしたい場合にも、ブラウンとブラックをお好みの色味に調整して染められますので、最も髪へのダメージが少なく色味を暗めにコントロールする事が出来てお薦めです。

ただし、、、

ヘアマニキュアの方が薬剤のコストが高く、また塗る手間と時間がかかるので、上手で丁寧なヘアマニキュアの施術を希望される場合はある程度のプライスが必要に成りますので、安売り店では得られる仕上りの素敵さはどうしても落ちてしまいますので、良質なヘアマニキュアの施術を受けたい場合は、良い薬剤と丁寧な施術のお店・技術者さんにして頂く事をお薦めします。


コーヒー淹れ貸出用具「コーヒーカップ」

★コーヒー淹れ貸出用具「コーヒーカップ」

コーヒーカップ

コーヒーカップ。

普通のペーパードリップでコーヒーを淹れる場合はコーヒーカップはほぼ何の制約も受けません。

何故ならコーヒードリッパー内の抽出湯はコーヒーサーバーに一度落してから、後にコーヒーカップへ注いで飲むからです。

つまりはコーヒーカップは飲むための器具として使用して、コーヒーの抽出には使用しないからです。

ですが、、、

2kasa式でのコーヒー淹れではちょっと事情が違って来まして。

コーヒーカップの形状と容量はとても重要な意味を持ちます。

主にカップの口径と高さのサイズが重要で、次に容量と形状が微妙に関連してきます。

このへんの関係性も含めて2kasa式の淹れ方は、コーヒー淹れ用具一式を貸し出させて頂くお客様に、一つ一つ丁寧に繊細にお教え説明させて頂きながら淹れ方のレクチャーをさせて頂きますので。

2kasa式の淹れ方にご興味ある方は是非一度、Café 2kasaの焙煎豆とコーヒー淹れ用具一式で、ご自身の手でコーヒーを淹れてご自身の舌で味わって2kasa式をご体験してみて下さいませ♪p(^o^)q


糖尿病患者の独り言

★糖尿病患者の独り言

糖質ゼロ

糖尿病患者の友「サラダチキン/ハーブ」です♪\(^o^)/

offとか何%とかじゃなくって、、、ゼロです(爆)

潔いじゃないですか(爆)

そのまま食べても、炒め物に入れても良いし、サラダに入れるのも良し、思う存分使えますっ♪p(^o^)q

なんたって、、、糖質ゼロですから♪(^o^)v


コーヒー淹れ貸出用具「微粉セパレーター」

★コーヒー淹れ貸出用具「微粉セパレーター」

微粉セパレーター

コーヒー豆をミルで挽いた時に発生してしまう微粉を除去する「微粉セパレーター」です。

コーヒーを淹れた時の味わいに関しては「淹れる直前に挽く」という事が一番重要なので、ミルを使用する事は素晴らしい事です。

ただそんな素晴らしいミルですが味わいにとても重要な部分として、コーヒーの豆を粉に挽く時に避けられない一面として、どうしても数パーセントが細かな微粉としてパウダー状に成ってしまう事が避けられません。

この挽いた時に発生する微粉をそのままにしてコーヒーを淹れたらどうなるのか?

例えばとても高級で美味しい最高のかつおぶしを買って来たとして、その袋の中の底にたまっている細かなカス=魚粉を使用したらどうでしょう?

折角高級で美味しい最高のかつおぶしで出汁をとるのに、魚紛を使ってしまっては雑味が出て味わいに品が無くなってしまって勿体ないですよね。

なので、コーヒーを淹れる時にも渋味やエグミという美味しさをスポイルしてしまう要素を、粉にお湯をかけて抽出するまえに取り除いておく事が美味しいコーヒーを淹れるのに必要と成ります。

またコーヒーを淹れるという行為は、コーヒーの粉の中の味わいをお湯の中へ抽出するという物理的行為で。

コーヒーの粉から抽出する味わいの種類の特長として、酸味や甘味や美味しい苦味は早めに流出して、渋味やエグミ等の美味しくない味わいの流出は時間がかかるという特性が有りますが。

それはあくまで粉としてのある程度の粒度を保った状態からの抽出時に利用できる便利な利点なのですが。

超微小なパウダー状の微粉に成ってしまうと、小さいがゆえにお湯に触れた瞬間に粉内部の味わいが即時に流出してしまい、それは本来ならゆっくり流出するから抽出を抑えられていたはずの渋味とエグミという美味しくない味わいまで淹れる事に成ってしまいます。

どんなに美味しいお吸い物を作れたとして、、、

もしそのお吸い物に僅かに小さじ一杯でも「ドブの汚水」を混ぜたら?

それでも美味しいお吸い物を作れたと言えますか?

そんなお吸い物を飲みたいと思いますか?

なのでCafé 2kasaとしてコーヒーを淹れる際には必ず微粉セパレーターで「渋味とエグミという美味しくない味わい」の元となる微粉を除去する一手間をかけて美味しいコーヒーを淹れられるよう心掛けています。

ここから下記は大人の事情で誰も書かない事で、誰にも内緒ですが(^^ゞ

微粉を除去してコーヒーを淹れると、除去した分だけ原材料のロスと成り製造原価が高く成ります、また当然除去の為めの手間暇も増えてコストアップになります、つまりは儲からなくなるのです(爆)

また、微粉を取り除かない方が渋味とエグミが強いので、一見した表面上として味が強い=それをコク深いと勘違いさせて売れれば好都合で、しかも渋味とエグミが強いとコーヒーの粉は少なく淹れても飲んだ時の味の濃さを濃く感じさせられるので、粉量が減らせて=安く作れて=儲かるのです、そりゃ大人ならそうしますよね(爆)

なおかつ微粉をそのまま入れたままコーヒー淹れると色は濃くなるし香りも強くなるので、それをもってして「ビター感やリッチ感やボデー感」と銘打って売り込み易いという売り手にとって最高に都合が良い大人の事情となるのです。

なので、、、

コーヒーの微粉を除去して捨てる無駄をして、なおかつ除去の手間暇が増えてコストアップする=儲からない事は「大人の事情」により大手の会社や卸や販売店では行わないし、それを知られると都合が悪いし、それを自らが進んで知らせようとはしないのです(爆)

でも、Café 2kasaは「大人の事情」なんて全く気にもしません(爆)

Café 2kasaとしては「大切なお客様にどうしたら少しでも美味しくコーヒーをお飲み頂けるか」それだけを必死に求めるだけなので、微粉は絶対に除去します♪p(^o^)q

ただし、エスプレッソは別です、元来どれだけ苦味を際立たせるかという抽出を求めるので微粉による渋味とエグミを込みで味わう淹れ方だからなのと、元々がパウダー状の超微粉末に挽くので、微粉セパレーターでふるうと、、、全部落ちちゃう(爆)

なお、お客様にお貸出しするする微粉セパレーターは諸事情によりこのページの写真の「微粉セパレーター」をお貸ししますが。

「微粉セパレーター」としては何種類も有り、それぞれの機種によってさまざまな特徴が有りますので、もしご体験として一度コーヒーを淹れてみたかったという事ではなく、今後も続けてコーヒーを焙煎豆で購入してミルで挽いて飲むという場合で。

もし「微粉セパレーター」についてその辺の事情や様子が知りたい場合は、、、

そっと小さな声でここだけの話として特別に「ベスト(とても高価)じゃないけどベター(そこそこ安価)な微粉セパレーター」を、お使いされる方の事情(お好みの味・淹れる道具・淹れ方・淹れる量・淹れる頻度・・・等々)に合わせてベストマッチングな一品をお薦めさせて頂きますので。

ご興味ある方は「私に最良な微粉セパレーターはどれ?」とお気軽にご相談下さいませ♪p(^o^)q

 

★Amazonで購入出来ます♪

微粉除去用の金属の網部のメッシュサイズは、Sサイズ:アロマメッシュ(#50)・Mサイズ:バランスメッシュ(#40)・Lサイズ:フルーティメッシュ(#30)とバランスの良い三種類で構成され飲み味別の使い分けに便利で、網部内の空間も広く粉がムラなく回り効率良く均等に微粉の除去が出来てとても使い易く素晴らしい製品ですので、しっかりと微粉を取り除きたい人や、一度に数人分の豆を挽いて淹れる時には除去が楽なのでお薦めです。

 

安価で、サイズも小さくて、軽くて、見た目もお洒落なので、とりあえず微粉を少しでも除去して飲んでみたい場合や、お一人分の微粉を除去したい場合にお薦めです。


焙煎豆&水出しアイスコーヒーご購入

★焙煎豆&水出しアイスコーヒーご購入

ホテルラウンジテイスト

ピヨピヨクラブのバンマスのあきとさんにCafé 2kasaの自家焙煎豆をご購入頂きました。

※ピヨピヨクラブHP> http://piyopiyo.so.land.to/top.html

さてこの写真のあきとさんのこの表情は如何でしょう?

この写真はあきとさんが笑顔に成る魔法の呪文を唱えずに。

極普通に「はい、笑ってぇ~♪」とお声掛けして写してみました。

ご本人は自然で良い笑顔のおつもりらしいのですが、、、

笑顔とは呼べないですよね(爆)

 

Blend No011100


お買い求め頂いたブレンドは、、、

「Medium Special-ホテルラウンジテイスト/Blend No011100」です。

浅過ぎず、深過ぎず、安心安定の定番ブレンドで、中挽きでのミディアム感でも、粗目に弾いてライトな感じにも、細かく挽いてビターな感じにも、挽目の調整で幅広い味わいが楽しめる万能型のブレンドです。

焙煎豆のご購入時に「どの豆飲もうかなぁ?」と迷った時や、誰かにプレゼントしたいけど「どの豆にしようかなぁ?」と悩んだ時には、ホテルのラウンジやレストランの食後の一杯等で飲まれる味わいの「安心安定テイスト」なこちらの「Medium Special Blend No011100」をお薦めします♪(^o^)v

 

12時間水出しアイスコーヒー


アイスコーヒーもご購入頂きました。

Café 2kasaのアイスコーヒーは、、、

121時間水出し抽出の渋味とエグミの無い喉越しがスッキリして、爽やかフルーティーテイストな飲み口で、お砂糖やミルク等何も入れなくてもゴクゴク美味しく飲めるオリジナルテイストでお薦めです♪(^o^)v

さてこの写真のあきとさんのこの表情は如何でしょう?

この写真はあきとさんが笑顔に成る魔法の呪文を唱えずに。

極普通に「はい、笑ってぇ~♪」とお声掛けして写してみました。

ご本人は自然で良い笑顔のおつもりらしいのですが、、、

笑顔とは呼べないですよね(爆)


コーヒー淹れ貸出用具「金属フィルター」

★コーヒー淹れ貸出用具「金属フィルター」

金属フィルター

コーヒーを漉す為の金属フィルターです。

世の多くの方が行なっているコーヒードリップでは紙製のフィルターを使用していますが、紙のフィルターを使うと、てんぷらの油取り紙のように、コーヒー豆の中に本来15%含まれている油分をドリップ時に紙にほぼ吸い取られてしまい味わう事が出来ません。

ただ、、、

ここから下記は大人の事情で誰も滅多に書かない事で、誰にも内緒ですが(^^ゞ

焙煎から日数が経っている豆は、焙煎時の熱変成により組織的に割れたりひびが入ったりして生豆時より脂質が空気に触れ易く成る事により酸化が起き。

また挽いてから日数が経っている粉では、豆の状態よりさらに何千倍も表面積が増えて酸化が加速的に起き。

悪い言い方をすれば脂質が酸化している=腐敗し始めているとも言えるので。

古さゆえの美味しくない油を飲む事に成り、それでは問屋として大量に仕入れて大量に卸したり、小売りとして大量に在庫にしながら大量に販売する事が難しく成るので、むしろペーパーフィルターで油分を紙に吸わせて古い豆の不味さを目立たなくする方が大量生産大量販売には都合が良いという大人の事情を都合よく押し通せるという消費者無視の都合良さが有るのです。

という誰も大声では言わない大人の事情が少なからず有るので、現状の日本ではおおよそ95%以上でペーパードリップにてコーヒー豆の消費をされています。

この辺は商社やメーカーや問屋さんにとってとても都合がよく上手に導入されてビジネスモデルとしてはお見事だと思います。

ただ、これって売る側の古い在庫でも気付かせずに売り抜けたいという「大人の事情」の都合からですよね。

でも、、、

良質な生豆を仕入れて、上手に焙煎した新鮮な豆を、飲む直前に粉にして、淹れ立てで飲めば、コーヒー豆本来の成分であるコーヒー油脂をコーヒーの旨味の一つとして美味しく味わう事が出来ますし。

また新鮮な焙煎豆を挽き立てで淹れたら、それは酸化していない酸味で、言えば絞り立ての新鮮な柑橘系の酸味のような味わいとして、コーヒーで美味しく酸味を楽しむ事も可能にも成ります。

ですので、、、

良質な生豆を上手に焙煎した新鮮な焙煎豆を、飲む直前に粉にして、淹れ立てで飲むのならペーパーフィルターでは折角の美味しく新鮮な旨味と成るコーヒー油脂を味わえないという勿体ない事にも成ります。

また金属フィルタ―は、、、

フィルタ―率がほぼ一定のペーパーフィルターとは違って、金属フィルターのメッシュ率が多種類選べ、またフィルターが一枚構造のシングルと、二枚構造のダブルと選べる事によって、どれだけの豆感をカップへ落とすのか?どういう流速でお湯をフィルターを通すのかをコーヒーを淹れる人が淹れたい味わいに合わせて自由に選択できコーヒー淹れのファクターがたっぷりと増える事で求めるコーヒーレシピの幅と可能なレシピの数は、ペーパーフィルターに比べたら無限の広がりと可能性を持ち得ます。

なのでCafé 2kasaでは、良質な生豆を上手に焙煎し、新鮮な焙煎豆を、飲む直前に粉にして、淹れ立てで飲んで頂くのを基本としていますので、古い腐った油脂の心配が無く、逆に新鮮で美味しいコーヒー油脂を旨味として味わって頂く為に「油脂をカップに落とす事の出来る金属フィルター」を淹れたい味わいに合わせて数種類を使い分けて使用しています♪(^o^)v


あきとさんカットにご来店

★あきとさんカットにご来店

あきとさん

ピヨピヨクラブのバンマスのあきとさんがご来店。

※ピヨピヨクラブHP> http://piyopiyo.so.land.to/top.html

あきとさんを自然な笑顔で写すのはとっても難しく。

「はい、笑って♪」と催促しても。

絶対にひきつった不自然な到底笑顔とは言えない表情しか頂けないので。

毎回写す時にどうしたら自然な笑顔で写せるか?

その魔法の呪文を考えるのが大変です(^^ゞ

なので何時も自然な笑顔の元の魔法の呪文を唱えてニッコリと笑わすのですが。

今回の魔法の呪文は過去最高に効果がありまして満面の笑顔です♪(^o^)v

※注1、、、毎回のその呪文の内容は諸事情により公開できませんが(^^ゞ

ただあきとさんと司の二人の間では、仕上り写真の撮影時にその魔法の呪文を唱えるのは恒例行事と成っています♪p(^o^)q


コーヒー淹れ貸出用具「コーヒードリッパー」

★コーヒー淹れ貸出用具「コーヒードリッパー」

コーヒードリッパー

コーヒーをフィルターからサーバーやカップに落とす時にフィルターをサーバーやカップの上に置く為の道具です。

この用具は言えばコーヒー淹れで味わい云々には関係が無い部分です。

ですので簡単に言えば何でも良いし、面倒じゃ無ければ手で持てばドリッパーも無くても使わずOKです(爆)

なので単純に値段で安いのを選んでも、色形が好きなのでも、洗うのが簡単な形状・素材でも、選択肢はお好みで良いかと思います。

ただし、、、

2kasa式で淹れる場合には、使用する金属フィルターの形状とサイズ、また使用するコーヒーカップの形状とサイズが、微妙な関わり合いを持ちますので、Café 2kasaとして2kasa式で淹れる場合には、その部分の適合性が保たれる組み合わせに考慮して選択しています。

2kasa式でのコーヒー淹れは基本理念は本当にシンプルなんですけど、それを実際に市販の物で安価に具現化するとなると結構厄介な諸事情を解決しないといけないので大変というか擦り合わせの確認と調整が面倒な実情が有ります(^^ゞ

もし2kasa式でのその辺の事情や様子が知りたい場合は、、、

そっと小さな声でここだけの話として特別に「2kasa式でのその辺の事情や様子」をお話させて頂きますので。

ご興味ある方は「2kasa式でのその辺の事情や様子ってどんな事?」とお気軽にご質問下さいませ♪p(^o^)q


新規の焙煎豆ご購入のお客様

★新規の焙煎豆ご購入のお客様

シナモンローストお買い上げ

シナモンローストの焙煎豆をご購入頂きました。

こちらのお客様は司美容院の髪のお客様でもなく全くの新規のお客様で。

このブログのCafé 2kasaの自家焙煎豆とシナモンローストの記事をご覧に成られてご興味を持って頂き。

連絡とご予約を頂け車で一時間以上の距離にもかかわらずご購入にご来店頂けました。

本当に感謝です<(_ _)>

願わくば、、、

お客様のお口に合うと良いのですが。

飲食物って嗜好品です。

嗜好って育ったり過ごして来た環境や慣れた習慣にとても大きな影響を受けます。

つまりは理論的な相対論での美味しさとしてではなく。

あくまでもその方の個人的な好き嫌いが美味しさの指針で重要に成ります。

なので頭で考えたり理解した理性よりも、身体が舌が感じた体感の方が勝りますので。

よっぽどの事が無い限り普段親しんだ味わいを良しとする求める場合が多く。

全く新しかったり初めての味わいに積極的には身体(舌)と心(好み)が寄らない場合が多いです。

願わくばCafé 2kasaのシナモン/Cinnamon roastの味わいが、、、

普段のお客様の嗜好に近ければ、より好んで頂ける可能性は高くなるので良いなと思います。

好みの範疇に収まって初めて、その後にここが良いあそこが今一という評価に成りますので。

まずは嫌われない=舌に拒否されない事がスタートラインだと思います。

さて、そのスタートラインに無事にCafé 2kasaのシナモンローストは立てると良いのですが。


シナモンローストのご予約

★シナモンローストのご予約

シナモンロースト

Café 2kasaの自家焙煎豆のシナモンローストのご予約を頂きました。

ご予約のきっかけはこちらのブログでのシナモンローストの記事を読まれてご興味を持たれて、ご購入のご連絡とご予約を頂けました。

シナモンロースト、、、

浅煎りと言われていて滅多に市場では見かけないミディアムローストのさらに一段分焙煎が浅いシナモンローストは市場には殆ど出回っていません。

それは通常の浅煎りでの最浅焙煎領域のミディアムという売れ難い焙煎度よりさらにもう一段分焙煎が浅いので、焙煎しても売り上げに繋がらない(爆)

いくらこだわりの焙煎していますとは言って特異性を謳うにしても、所詮は商売で生業ですから儲けてナンボ。

全く売れないから市場に出回らないのですしね(^^ゞ

また見た目上の豆表面の焼き色のディベロップメント(焙煎度合)だけのつじつま合わせした見た目だけのシナモンローストに焙煎するのは簡単ですが、それじゃ生豆時の渋味と品の無い雑な酸味が残って美味しくない、いわゆる「芯残り」の焙煎豆に成ってしまいます。

なので、売れない儲からない通常の焙煎では美味しくいというダークサイトへ陥ってしまいます(爆)

まあだからこそ市場にはシナモンローストは皆無なのですけどね(^^ゞ

でも、、、

見た目上の焼き色のディベロップメント(焙煎度合)をシナモンに抑えて、なおかつ豆の中へはしっかりと十分な熱を込め豆内へのメイラード反応(味わいに深く関与)を十分に行える焙煎が出来れば。

そのシナモンローストの焙煎豆は美味しい酸味と豊かな甘さと軽やかな苦味のフルーティーテイストとして爽やかな味わいを楽しめます。

またその品の良い軽やかで爽やかな味わいゆえに、身体に優しくすぅ~とのどを通って切れの良い飲み心地で、飲んだ後の胃もたれや胸焼けをせずにコーヒーの味わいと香りを安心して楽しめます。

今回ブログをご覧に成られてご連絡を頂けたお客様は、以前はコーヒーが大好きでご自身で豆を挽いて淹れて毎日飲まれていらっしゃったそうなんですが、有る時から胃に負担を感じるように成られてそれ以来コーヒーから遠ざかっていたとの事で。

このブログでのシナモンローストの記事を読まれて、もしかしたら超浅煎りの焙煎豆の軽い飲み味なら、コーヒーを飲んだ後に胃の負担を感じずにコーヒーを楽しめるかもと思われてCafé 2kasaへシナモンローストのご購入のご連絡とご予約を頂けたとの事でした。

なので、、、

腕によりをかけて「極限まで焦さず、芯にはしっかりと熱量を込めたスペシャル焙煎レシピ」に出来るよう、丁寧を持って最善を尽くした焙煎でお客様のご来店をお迎えできるよう頑張ります♪p(^o^)q

コーヒーの焙煎で考慮すべき各ファクターをざっくり本当に簡単に説明すると、、、

焙煎の焼き方として、直火式・半直火式・温風式があり。

焙煎の熱の込め方は、接触型・半接触型・非接触型があり。

焙煎の熱源は、ガス・炭・電気があり。

焙煎の熱の切り上げ方は、世の中の殆ど99%以上で瞬時取り出し方で、ほんの僅か1%以下で置き火溜め方があり。

焙煎のレシピとしては、焙煎する豆の種類、豆の量と焙煎器の容量・質量、焙煎器の生豆投入時の温度、生豆の予熱の上昇時間と温度、予熱後の本焙煎初期から1ハゼまでの温度の上昇時間と温度、1ハゼ後から2ハゼまでの上昇時間と温度、焙煎を終わるタイミング、終了後の熱の残しの有る無しと冷まし加減。

これらの各ファクターを焙煎者が求めるディベロップメント(焙煎度合)とメイラード反応(味わいに深く関与)と成るように焙煎レシピを構築します。

まあ機械ですから、回転が電動なら勝手に回ってますし、熱源がガスや電気なら指先調整で加減も時間も簡単です、無論炭火やマキが熱源だと火入れと最適燃焼・火力の調整と維持に苦労しますが、それでも普通の思慮が出来る人なら「生豆を焙煎する」のはとっても簡単な事です。

ただ、単に「焙煎する」という事と、、、

「美味しく火を入れる」とか「狙った味わいに焼き上げれる」とか「常にベストな結果を毎回コンスタントに熟せる」という事とは違います。

言えば焙煎は簡単、だけどどう焙煎するか?どう焙煎出来たか?を問い探り求め目指すと物凄く複雑で難しい考察と、それを具現化する知識・経験・技術が必要と成ります。

そういう意味では、焙煎度の浅い順で、シナモン・ミディアム・ハイ・シティ・フルシティ・フレンチ・イタリアンの7焙煎度が有りますが。

※注)ここから下記はあくまで司としての個人的見解・狭い了見・思い込み・妄想で、現状のCafé 2kasaの焙煎設備・規模での文言なのをご了承してお読み頂きたいのですが、、、

中浅煎りの「ハイ」と、中煎りの「シティ」と、中深煎りの「フルシティ」の焙煎はとっても楽しいです。

浅煎りの「ミディアム」と、深煎りの「フレンチ」の焙煎はちょっと苦労します。

超深煎りの「イタリアン」の焙煎はかなり手こずります。

超浅煎りの「シナモン」の焙煎はすごく難儀します。

今後機会有れば、、、

超深煎りでかなり手こずる「イタリアン」の焙煎と、超浅煎りですごく難儀する「シナモン」の焙煎について、何時か詳しく書いてみたいと思っていますので。

お楽しみにぃ♪p(^o^)q

そんな物好きな方がいらっしゃったらですが(爆)


バネ指患者の独り言

★バネ指患者の独り言

バネ指サポーター

バネ指用のサポーターを追加購入。

まあそんなに消耗したり減ったりする物じゃないんですけど。

寝る時用にベットに置いとく用と、店に居る時用に店に置いとく用の為に追加購入しました。

一日中ずっと装着していると、指が真っ直ぐなままの状態で何時間も指を曲げないので、それはそれで指の曲げ伸ばしがし難く成ってしまいます。

だから、そんなに長時間バネ指サポーターを装着したままでは居られないし、また水仕事する時にもサポーターを外しますので、シャンプー台で外して置いたり、流しで外して置いたり、洗面台やお風呂で外して置いたりして、ついつい置きっぱなしにしちゃう事もしばしばで(^^ゞ

それで一番困るのが、、、

最近寒くなって来たので、夜寝てる時にサポーターしないで指が曲がった状態で手が布団の外へ出ていて一晩冷えちゃったりすると、かなり指が曲がった状態のまま固まっちゃうので、起きてから曲がって固定しちゃった指をほぐして真っ直ぐに治すのが大変なのです。

またサポーターを装着した分だけ保温に成ってバネ指症状の指が冷えずに暖かく保てて良いのです。

なので、ベットの枕元には夜寝る時用専用のサポーターを置いて、寝る時には必ずサポーターを装着したい。

その為の追加購入なのです♪p(^o^)q

病気や障害や老化現象は成っちゃったものはしょうがないのではありますが(^^ゞ

自分の努力や工夫で少しでも改善出来るのなら努力するべきと思います。

「どうせ俺なんかダメなんだ」と弱音を吐いたり、愚痴ったり僻んだりしたって何の改善にも解決にも成りません。

そのまま努力しないで悪化したら、、、

結局誰かのお世話に成り、自分の不具合で誰かに迷惑をかける事に成ります。

そりゃ誰だって最後は誰かのお世話に成るのでしょうけど。

できたら可能な限り誰かのお世話に成らず一日でも健康寿命を長く暮らせたら良いなと思います。

糖尿病で、白内障で、網膜症黄斑浮腫で、バネ指で、前立腺も悪い老人ですけど(^^ゞ

今の自分に出来る最善を尽くし努力は続けて行きたいと思います♪p(^o^)q


コーヒー淹れ貸出用具「コーヒーミル」

★コーヒー淹れ貸出用具「コーヒーミル」

コーヒーミル

焙煎豆を粉に挽く用具がコーヒーミルです。

焙煎豆を焙煎店で購入する時に豆の状態ではなく、粉に挽いてもらって買う事も出来ますが、、、

せっかく良質なスペシャリティーコーヒー豆を美味しく丁寧に焙煎した豆を粉にして持ち帰るのはちょっと勿体ないです。

例えて言えば、、、

採り立ての美味しく新鮮で良質な生姜を八百屋さんで買う時に、生のそのままで購入するのではなく、おろし金で生姜を下ろした状態で購入して家に持って帰り数日後に使うと考えてみて下さい。

そんな使い方をしたら、、、

折角の「採り立ての美味しく新鮮で良質な生姜」を購入した意味は有るのでしょうか?

折角の「採り立ての美味しく新鮮で良質な生姜」を購入したのに勿体ないと思いませんか?

コーヒーも生姜もワサビもネギもレモンも使用する直前に挽いたり下ろしたり刻んだり絞ったりして「挽き立て・下ろし立て・刻み立て・絞り立て」で頂く方が美味しいと思いますし、その素材の本当の味わいを感じられると思います。

なので、、、

コーヒーは焙煎仕立ての新鮮な豆の状態で購入して、淹れる直前に挽く事で、最も美味しく味わえますので、コーヒー豆を挽く道具のミルは必須でありとても重要なのです。

ですので、ご家庭にコーヒーを淹れる道具が揃っているけど、豆を挽くミルが無い方にはミル単品だけでもお貸ししますので、ぜひ一度「焙煎仕立ての豆」を「挽き立ての粉」にして「淹れ立てのコーヒー」として三立ての最良のコーヒーを味わってみて下さいませ♪(^o^)v

ちなみに、、、

コーヒー豆を粉にするコーヒーミルには個別にいろんな要素が有り、機械物と道具等の用具類は前提として一つで全て最高とは行かずに「一長一短」なのが世の術と成ります。

その一長一短としては、見た目目に恰好が良い悪い、色が好き嫌い、高級感が有る安っぽい、値段が高いと安い、軽いと重い、大きいと小さい、持ち易いと難い、回し易いと難い、挽目の調整が面倒と簡単、静電気の発生が、、、等々と個性特徴が有りますが。

コーヒーを淹れる時の味わいの違いとして最も重要な要素は「粒度のバラつき具合」が有ります。

無論、物理的に豆を挽くのですから、粒度として全て同じ大きさの粉に挽く事は最初から無理な事で、ミルの粒度調整は行ったとしても最も大きな粒に挽けるサイズを設定できるだけで有って、最大粒度以外は中位のも小さいのも微小な粉末状にもいろんな粒度で挽けてしまいます。

ただし、良質なミルは、構造上粒度のブレが最小限で挽ける工夫が施されています。

無論その為の工夫は製造コストに跳ね返って来ますので、ほんの僅かだけ粒度を揃えて、微粉を減らすだけでも価格は何倍にも跳ね上がったりします。

まあ、その粒度を揃える工夫というか条件はざっくり簡単に言えば「ミルの刃がブレない」という事で、それには「各部品と取り付け精度が高い」という事が条件と成ります。

でも理想は理想で幾らでも高みを望めますがぁ、、、

現実は現実で出費という負債が生じますので、、、

どこまでの性能を求めるのか?どれだけの価格まで払えるのか?とい非常に現実的で人間的な悩みと判断と成ります(爆)

でもね、一生懸命に探せば&一生懸命に創意工夫調整改良すれば、ある程度の価格内でも最善・ベストではなくても最良・ベターな一品は手に入れる事が出来ます。

もしミルについてその辺の事情や様子が知りたい場合は、、、

そっと小さな声でここだけの話として特別に「ベスト(とても高価)じゃないけどベター(そこそこ安価)なミル」を、お使いされる方の事情(お好みの味・淹れる道具・淹れ方・淹れる量・淹れる頻度・・・等々)に合わせてベストマッチングな一品をお薦めさせて頂きますので。

ご興味ある方は「私に最良なミルはどれ?」とお気軽にご相談下さいませ♪p(^o^)q


かなりシュシュ痛そう、、、

★かなりシュシュ痛そう、、、

痛みに耐えるシュシュ

じっと痛みに耐えるシュシュ、、、

我家の愛犬シュシュ(ミニチュアシュナウザー/ホワイト/オス)は、背中というか腰と言うか骨と言うか関節と言うか、とにかくそんな部分に生まれつきの疾患を患っているので。

寒くなって身体が冷えると痛みが強くなり具合が悪そうで身体が動かせずにじっと身体を固まらせたままに成ってしまいます。

そんな時私に出来るのは、、、

痛みで震えてクゥィ~ンと鼻を鳴らして固まってるシュシュに「よしよし、頑張れ、シュッ君が大好きだよ」と優しく声をかけ、優しく撫で、優しく抱きしめて上げるぐらいです。

それしかできませんが、、、

それしかできないから、、、

毎日何度も何度も優しく声をかけ、優しく撫で、優しく抱きしめて上げています。

シュシュを里親として迎えられて本当に良かったです。

シュシュに出逢えて良かった。

シュシュが大好きです。

※参考ブログ>今から約10年前に3軒目の里親としてシュシュを迎えました。

2010年5月10日アトム(後日シュシュと改名)が我が家にやって来た♪\(^o^)/ > http://2kasa.jp/blog/?m=20100510


コーヒー淹れ用具一式借りて頂けました♪

★コーヒー淹れ用具一式借りて頂けました♪

コーヒー用具一式貸し出し

Café 2kasaの自家焙煎豆をご購入頂いたお客様に、コーヒー淹れ用具一式を借りて頂けました♪(^o^)v

もう何度もCafé 2kasaのコーヒーをお飲み頂き、その度に「美味しいわぁ~♪」とお褒め頂いていたお客様に。

Café 2kasaとして自家焙煎豆の販売促進として焙煎豆をご購入頂けるお客様へ、ご家庭で焙煎豆をご自身の手で挽いて、淹れ立てをお飲み頂けるご体験フェア―として、コーヒー淹れの用具を一式無料でお貸しさせて頂くサービスを始めましたとお話させて頂いた所。

早速営業一人目のお客様から「じゃ焙煎豆買って家で自分で豆を挽いて粉にして淹れてみたいわぁ♪」との有難くも嬉しいお言葉を頂き。

営業第一日目の一人目のお客様が焙煎豆をご購入して頂けました♪\(^o^)/

いやぁ~初っ端から縁起が良いというか幸先が良いというか何はともあれ、、、私有頂天♪(爆)

という事で、コーヒー淹れ用具一式の使い方の説明と淹れ方のコツをレクチャーさせて頂き、焙煎豆をご家庭に持って帰られて、人生初めての「豆からコーヒー淹れ」にチャレンジして頂く事と成りました。

またお客様にはお帰りの際に、司としては「たった一度でも焙煎豆をご購入頂き、豆から淹れるという体験をして頂けるだけでとても嬉しくありがたく感謝で満足で御座います」ので、もし買われた豆が無くなった時点で「一度体験してみたかっただけだからお終い」でも全く気にせずに、お気遣いからの豆の再購入の必要は有りませんからご安心して、気楽に用具一式をご返却頂き終いとしてくださいませとお話させて頂きました。

ただ、もし、コーヒーを豆から挽いて淹れて味わうという事を体験して頂き、さらにーヒー淹れにご興味が有れば、続けて焙煎豆のご購入をお願いします、また続けて淹れる為にご自身で用具を購入したく成った時にはご相談ご説明ご推薦をさせて頂きますともお話させて頂きました。

たまたまでの偶然で物凄い幸運だっただけでしょうが、、、

今日は努力が実に成りました。

きっと神様って努力した人には優しいんだと思います。

無神論者だけど、、、(爆)


コーヒー淹れ用具無料貸し出し♪

★コーヒーを淹れる用具の無料貸し出しサービス始めます♪

コーヒー淹れ用具貸し出しセット

Café 2kasaの自家焙煎豆の販売促進としてコーヒー淹れ用具セット(ミル・微粉セパレーター・金属フィルター・ドリッパー・カップ・スプーン等)の無料貸し出しサービスを始めます♪p(^o^)q

焙煎豆を販売しようと死ぬほど営業努力しても。

どんなに上手にコーヒーの生豆を自家焙煎出来たとしても。

ご家庭にコーヒーを淹れる環境・用具が揃っていなかったら、、、

コーヒーの自家焙煎豆は一粒も売れません(^^ゞ

じゃあどうするか?

だから売れないんだと世を恨み愚痴ってひがんで駄々をこねるぅ!?(爆)

それじゃ現状から一歩も進みません。

愚痴って世を恨んでひがんでる暇が有ったら。

何か一つでも、僅かでも、より良くなる為の方策を考え、より良い結果を求めて努力すべきです。

という前向きな姿勢だけ?は取っておこうという姑息なイメージ戦略の一つとして(爆)

焙煎仕立ての新鮮な豆を、飲む直前に挽いて、挽き立ての粉として淹れて、淹れ立てのコーヒーを味わってもらえるように、コーヒー豆をご家庭に持って帰ってから豆を挽いて淹れる用具一式を無料で貸し出すサービスを始める事にしました♪p(^o^)q

これを機会に、、、

家でコーヒーを淹れる事を成されていらっしゃらなかった方や、コーヒーは淹れてるけど粉からで豆をミルで挽いて淹れていない方も、ぜひ一度焙煎仕立ての新鮮な豆を入れる直前に挽いて淹れ立てを召し上がって、コーヒーを最高に美味しく味わえる三立ての素晴らしさをご体験してみて下さいませ。

コーヒーってこんな物だと今まで知っていた以上の、生まれて初めてのとっても感動できる味わいや香りや美味しさを楽しむ事が出来るかもしれませんので、この機会にぜひご体験ご挑戦してみて下さいませ♪(^o^)v

ただ条件として、、、

コーヒーを焙煎豆から挽いて淹れる用具一式の貸し出しで御座いますので、用途としては焙煎豆を使用してという前提なので、コーヒー淹れ用具一式の無料貸し出しは、Café 2kasaの自家焙煎豆をご購入頂くお客様に限らせて頂きますが何とぞご了承頂けますよう宜しくお願い致します。


寒いとシュシュは甘えん坊

★寒いとシュシュは甘えん坊

我が家の愛犬シュシュ(10才のミニチュアシュナウザー/ホワイトのオス)は、ヘルニア系の疾患で背骨が痛む事が有り、寒い時期は特に痛みが強く成ります。

なので寒いのと痛いので今からの時期はとっても甘えん坊に成ります。

甘えん坊シュッ君

甘えん坊シュッ君

甘えん坊シュッ君

甘えん坊シュッ君

甘えん坊シュッ君

人も犬も肌寒く成って来ると人肌り温かさが恋しく成ります。

寄り添いたい、肌を合わせたい、そっと優しく撫でて欲しい、ギュっと抱きしめて欲しい。

そう想ってもらえる事のありがたさとしあわせを。

当たり前の事と思わず、求められた時にしっかりと心を込めて相対する。

何時か必ずそれが叶わなく成る日が来る。

その時に成ってから、あの時もっとこうして上げれば良かったと後悔しても遅いのです。

だからシュシュが求めて来た時には常に必ず全力で心の底から丁寧に応えます。

ただし、仕事中は別です、絶対に犬よりお客様と仕事の方が優先です。

それをシュシュはしっかり理解していますし、主従関係においてシュシュは常にどんな時でも人間(司)に服従します。

その主従関係の服従は、命令とか強制とか力づくで無理強いするという事とは違います。

シュシュが人間(司)を心から信頼しているからこそ、人間(司)を大好きだからこそ。

信頼して好きな人間(司)に嫌われたくないから、好いて欲しいからの従順さなのです。

どんなに可愛くても犬ですから甘やかしたりはしません。

でも、心の底から全力でシュシュを可愛がります。

我が家に来てくれてありがとう<(_ _)>

シュシュの事が大好きです♪(^o^)v

※参考ブログ>今から約10年前に3軒目の里親としてシュシュを迎えました。

2010年5月10日アトム(後日シュシュと改名)が我が家にやって来た♪\(^o^)/ > http://2kasa.jp/blog/?m=20100510


コーヒーの自家焙煎-036

★コーヒーの自家焙煎-036

7ロースト習得

生豆「ブラジル No2 アララ S18」の7ロースト(シナモン/Cinnamon・ミディアム/Medium・ハイ/High・シティ/City・フルシティ/FullCity・フレンチ/French・イタリアン/Italian)の焙煎度を習得できました。

無論、現在使用している生豆で、現在使用している焙煎器での7ローストの焙煎度ですので、生豆の生産地や仕入れ先や焙煎器が変われば今回の7ローストのレシピは無に成り、全く最初から焙煎レシピを組み立て直さなければならなく成りますが、現状の生豆・焙煎器では完成で一段落です。

なお今回は通常市場に出回っている焙煎度のミディアム~イタリアンの6ローストに加えて、まず滅多にというか市場にはほぼ流通していないシナモンのローストの焙煎度も習得してみました。

シナモンって、単純にミディアムの少し焙煎度が浅いローストで良いからローストコントロールは割と簡単と考えがちですが、、、

実は他の通常の焙煎度のローストよりもかなり難しいのです。

ミディアムよりも焙煎度が浅いという事は、、、

かなりの確率で「芯残り」に成り易い領域の焙煎と成ります。

つまり見た目の色=一般的な焙煎度判断基準の主に表面的なディベロップメント(焙煎度合)でミディアムより浅いシナモンに焙煎して有っても、焙煎時の熱で豆の中での化学反応のメイラード反応(味わいに深く関与)が十分に行われていないと、表面だけシナモンだけど豆目の中は生豆状態が多く残ってるいわゆる「芯残り」の焙煎と成ってしまいます。

このへんの豆表面のディベロップメント(焙煎度合)はシナモンに抑えて、なおかつ豆内へのメイラード反応(味わいに深く関与)を十分に行うという焙煎はとても難しいというか困難というかある意味で物理的に相矛盾した事を具現化する事に成り、焙煎者としてとても難題なのです。

だからという事も有ってシナモンというロースト豆は市場にはほぼ出回っていません。

それに需要=売り上げという意味でも市場割合というか欲しいと望まれる需要=買って頂けるお客様が圧倒的に少ないので。

高度に難しいは売れないはの二重苦では、商売としてなかなか現実的に焙煎するという事には成り得ません。

その点、、、

現状のCafé 2kasaの経営規模では儲かる以前の規模ですので、ビジネス的観点からの業務選択はしないで済む・意味がないので(^^ゞ

ある意味では趣味的に利害を考えないで自分が好きな事を自由度に行なえるという恵まれているとも言える?環境なので(爆)

シナモンという焙煎度の習得の労務を儲けとは無縁で研究・勉強・体験・経験・楽しむ事が出来ています。

同じ意味で、、、

希少焙煎度二種

希少焙煎度な「イタリアン/Italian」&「シナモン/Cinnamon」のニ種。

現実的には市場にほぼ出回っていない「イタリアン/Italian」も「シナモン/Cinnamon」と同じくCafé 2kasaとしては焙煎度の習得の労務を儲けとは無縁で研究・勉強・体験・経験・楽しむ事が出来ています。

市場主義・儲け第一で焙煎するなら、、、

現実的にはシティとフルシティとフレンチの3ローストだけ扱っていればロスも少なく最も対経費的には有利だと思います。

そういう割り切った考え方=ビジネス的展開が出来れば、何の仕事しても儲けが出し易いのでしょうが、、、

司はどうしてもビジネス思考=儲けよりも、技術者思考=儲からないこだわりを優先してしまうので、何時まで経っても貧乏から抜け出せません(^^ゞ

後は、先より手元に仕入れて有るあと一種類の生豆の「ビルカマウンテン バンバ村 Qグレード」でのディベロップメント(焙煎度合)とメイラード反応(味わいに深く関与)をマスターすれば自家焙煎の探求は一段落出来る所まで来ましたので。

ブログへのUP時の見出しに「コーヒーの自家焙煎-036」と明記するのは今日のブログを最後にしたいと思います、今後は単に「焙煎・・・」とか「シナモン・・・」とか「ケニア・・・」という個別のタイトルとするつもりです。

まあ絶対居ないとは思いますが、、、

もしこのブログでの「コーヒーの自家焙煎-001~036」を順を追って楽しみにご覧頂いていた方がいらっしゃいましたら、001~036まで長い事ご覧頂き有難うございました<(_ _)>

今後も引き続き焙煎関連の記事を書き続けて行きますので、ご興味続きましたら宜しくご愛読お願いいたします/(_ _)\


糖尿病患者の独り言

★糖尿病患者の独り言

ベジタリアンメニュー

主食をお野菜にシフト中。

糖尿病なので当然糖質を控えた食事メニューに成るのですが。

そうすると糖質ダイエットしてるのと同じ結果と成って痩せちゃいます(^^ゞ

なので糖質を制限して減った摂取カロリーを補う意味で脂質とタンパク質で補ってきたのですが。

どうやらカロリー摂取量が変わらないと糖質の消化も進まず、思うように血糖値が下がらないという事も有るらしいので。

最近は脂質も少し控えるようにしていまして、控えたのは主にチーズとソーセージで、その分の脂質を落として足りなく成ったカロリーとして糖質を消費しようという考えです。

でもね、、、

主食のお米目のご飯や粉物の麺類等を制限して、なおかつ脂質も控えるとなると食べた感も減るんです(^^ゞ

何を食べちゃいけない、何を控えなきゃいけない、、、はまだ我慢できるんですけど。

食べる量感を減らしちゃうとお腹いっぱい食べたい気持ちを常に我慢するのでストレスに成っちゃう(^^ゞ

なのでお腹いっぱい食べました、もりもり食べて噛んで飲み込みました感はたっぷりと味わいたいので。

最近は、お野菜の浅漬けをサラダ代りにパリパリと歯応えと噛み応えを楽しみ、白菜やキャベツ等のお野菜を電子レンジでチンして主食代りにタップリ食べてお腹一杯の満足感を満たすようにしています。

目標としては現在53kgの体重を1~2カ月かけて少しずつ減らして50kgに持って行きたいと思います、そしてその後は体重50kgを維持する摂取カロリーの食生活を続けたいと思います。

それが、、、

今の私の第一の目標の「70才で縮毛矯正現役のオーナー技術者」への健康維持に成るのではないかと思っています。

ただ、、、

私の第二の目標の「カフェ業務の拡大」は、食生活の改善では無理そうなので困っています(^^ゞ


  • お知らせ

    ※焙煎豆の通販サイト運営開始

    https://2kasa.raku-uru.jp/

    上記URLにて、、、

    Café 2kasaの焙煎豆を遠方の方にもお買い求め頂けますよう焙煎豆の通販サイト構築してみました。

    諸事情ありましてまだ公に運営開始の告知や営業活動はせず、静かに地味ぃ~に運営しています、もしご興味ございましたら是非サイトをご覧頂き、ご購入頂ければ幸いでございます。

    ご自身のコーヒー淹れ用として、ご友人お知り合いの方へのプレゼントやちょっとしたお返し等でお気軽にご利用頂ければと願います。

  • カウンター

    今日
    昨日
    累計
  • 2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • アーカイブ

  • 予定

    ※近日中>暑くなって来たのでそろそろシュシュをサマーカット(6mm)にして上げる予定です♪p(^o^)q

    ※2020年7月5日(日曜)>ツイッターで知り合った方に初めて髪とランチと焙煎豆のご予約を頂き遠方からのご来店を頂きます。

    ※2020年7月19日(日曜)or20日(月曜)>プチソロツーリング、、、天候に恵まれたらルネッサ4DNで近場をメンテナンスがてらちょっと走ってみようかと予定しています♪p(^o^)q

    ※2020年8月中>予定は希望で現実には未定で不確定>もしかしたら想いは叶うかも、でも、多分ダメな可能性が高いかな、、、

  • Blog pickup ♪

    ブログの過去の記事からのピックアップコーナーです。

    2016年11月9日>迷い犬ちゃん

    2010年5月10日>アトム(後日シュシュと改名)が我家に来た♪

    2010年3月3日>今朝大好きなドックフードを食べながらマルちゃんは永眠しました

    2008年11月21日>迷い犬確保

    2003年7月14日>半身不随のワンちゃんの車椅子製作

  • 自家焙煎豆販売

    Café 2kasaでは自家焙煎豆販売をさせて頂いており、焼きムラを可能な限り抑えるため焙煎前に粒度調整し、豆のサイズを揃え熱が均等に入り均一な焙煎を得る為に丁寧を持って最善を尽くさせて頂いております。

    ※自家焙煎豆通販サイト
    https://2kasa.raku-uru.jp/

    ※自家焙煎豆紹介ページ
    http://2kasa.jp/blog/?page_id=14302

    またご購入して頂くお客様には新鮮な焙煎仕立て焼き立ての香り高い焙煎豆のテイストをぜひ味わいご体験して頂きたいので、ご購入ご希望の前日までにご予約頂けますと煎り立ての焙煎豆をお買い求め頂けます。

    なお予定外に急にお急ぎでご購入ご希望の場合は、事前のご予約を頂かない場合でも当日のお店の在庫からの販売、または当日約20~25分程度お待ち頂ければその場での焙煎にて焼き立てでの販売も可能でございます。

  • お問い合わせ

    ご相談やお問い合わせございましたらお気楽にご連絡下さいませ。
    TEL 055-228-0533
    Mail owner@2kasa.jp
  • 参加SNS

    ※もし宜しければ友達申請やマイミクやフォローお願いします♪(^o^)v





  • 下記の直近ランキング説明

    上部の「記事閲覧ランキングTop50」は過去の累積ランキンですが、下部の「直近閲覧ランキング」は、毎月1日に直近ランキングをリセットしています。

    ですので、リセットした日からの今この時までにブログへご来訪頂いている方がどんなページを見に来ているのか?orどんな検索ワードで辿りついているのか?が解るので、直近の世間の旬な興味の時流が何なのかという部分に触れられ、またブログの作り手として時に「えっ!何故この記事がランキング上位に来るのっ!?」という直近だからこその妙が有って凄く面白いです。

    もしご興味有りましたら下部の「直近閲覧ランキング」を時々ご確認してみて下さいませ♪(^o^)v

  • 2020年7月1日~直近ランキングTOP50

  • 直近ランキングの感想

    毎月1日に直近のランキングはリセットしていますので、その月毎に人気の記事ランキングが変わるのですが、その変り方とランキングの理由が全く理解できません(^^ゞ

    理解できないからこそランキングの項目と順位がとっても楽しみでもありドキドキしてワクワクします♪(^o^)v

    さて2020年6月はどんなページが直近ランキングの上位に来るのか?とっても楽しみです♪p(^o^)q

    ちなみに6月の直近ランキングTOP5は、、、

    1>ミュージシャンって凄いっ!城南海「メロディー」 - 524 ビュー

    2>頑張ってみる♪p(^o^)q - 346 ビュー

    3>今夜は石和のバディへ♪ - 176 ビュー

    4>新宅君&浅川君 - 162 ビュー

    5>facebookからスパム判断され削除された - 133 ビュー

     

    5月の直近ランキングTOP5は、、、

    1>ミュージシャンって凄いっ!城南海「メロディー」 - 345 ビュー

    2>今夜はカフェパストリアスへ♪ - 208 ビュー

    3>YBSラジオ生出演♪(^o^)v - 207 ビュー

    4>ヤマハルネッサ/RENAISSA/SRV/4DN - 193 ビュー

    5>コーヒー淹れ貸出用具「微粉セパレーター」 - 157 ビュー

     

    4月の直近ランキングTOP5は、、、

    1>ミュージシャンって凄いっ!城南海「メロディー」 - 450 ビュー

    2>スパイラル・ツイストパーマ - 203 ビュー

    3>今夜はカフェパストリアスへ♪ - 196 ビュー

    4>ヤマハルネッサ/RENAISSA/SRV/4DN - 195 ビュー

    5>YBSラジオ生出演♪(^o^)v - 178 ビュー

    という結果でした♪(^o^)v

  • Copyright © 1996-2014 司美容院 TSUKASA Photo Blog. All rights reserved
    iDream theme by Templates Next | Powered by WordPress