★ちょっと疲れた
重いのです(^_^;;

重いのです(^_^;;


こんな姿で行って帰ってまいりました。

今日の撮影は、右肩にカメラ2台とレンズ5本とフラッシュと雲台&予備バッテリー等もろもろの小物の入ったカメラバックを担ぎ、左肩に畳み一畳大の大型自立レフと三脚の入ったロングバックを担ぎ、右手で今日の撮影先のクライアント様に見せる為に持っていったどんな写真を写してきたのかの作品集の入ったブックを持った出で立ちでの出張で、電車での移動なので機材を全部自分で持っての移動なので思いのほか疲れました、、、うぅ~んもう歳なのかぁ?>俺、、、それとも単に機材が重くて移動が長かったからなのかぁ?>そう思いたい、願いたい、思い込もおう♪(爆)、、、でもまあ”司”と書いて”わこうど”と読む私ですから、筋肉痛が二日後に出てもそんな事は一切認めずに涼しい顔して過ごしたいと思います、、、エッヘン!<( ̄^ ̄)>

撮影の対象は医療関係で、室内の照明の色温度がちょっと偏っていて、壁紙の色と共に特定色の色被の対処がちょっと難しい撮影でした、建築を請けられた業者さんが引き渡し時に撮影された建築撮影の専門家さんが写された写真も拝見しましたが、やはり特定色の色被の影響が少なからず影響していましたが、やはり専門で写されているのでしょうね、なかなかの対処で上手くWBをコントロールして仕上げていらっしゃいました、とりあえずその写真と同レベルの写真をとのご要望だったのですが、さて実際の仕上がりはどうなんでしょう、今回は撮影した生データの入ったCFを撮影後にそのまま渡してきたので私には撮影データをPCの画面で確認したり補正したりが出来なく、後処理は依頼主さんが処理されるので実際の仕上がり具合は私には確認できないのが何とも歯痒い感じです、まあセレクトも補正も相手任せな方が撮影後に仕事が増えなくて良いのですが、その分だけ撮影時にどう使っても使い易く加工し易いように、後処理を考慮した構図での撮影となりますので、通常の撮影より考慮して3倍以上のシャッター数で押さえる必要が有りますので、どちらが楽とは一概には言えません、まあ仕事ですから楽なんてしちゃ罰が当たりますから少しぐらいは余計に苦労して当たり前と考えてシャッター押すようにしています。

今日は片道2時間、往復で4時間の電車移動で、久しぶりの電車移動だったのですが、さすがに片道2時間、往復で4時間ずっと何もしないで座っているというのは飽きますね、かといって走り回るわけにもいかず、ずっとあの人の事を想う訳にもいかず(爆)、、、とにかく撮影業務よりも合計4時間の移動時間が一番の難敵でした(^^ゞ、、、とわいえ久しぶりに何もしない4時間もちょっとした休暇として景色を何も考えずにぼぉ~っと眺めていたので気持ちがリラックスできて良かったと思います♪v(^_^)