飲み比べ240603

先日焙煎した「エチオピア・モカ・シダモ州グジ地区シャキッソ村TadeGG農園・ナチュラル・オーガニック・ノンカフェイン」の

「浅煎り/Mediumroast(AS60.1※75.1)」と「中深煎り/FullCityroast(AS44.0)」の飲み比べ

浅煎りのミディアムローストは最もその豆の個性(酸味と甘味)を味わう事が出来る焙煎度と成り

中深煎りのフルシティーローストはかなりメイラード反応が進んで苦み成分が増えて来て=相対的に豆の個性(酸味と甘味)が穏やかに成ります

ですので、、、

今回の飲み比べでは、浅煎りで表せられる豆の個性が、中深煎りでどれだけ残されているのか?苦み成分はどれだけ増しているのか?の検証と成ります

この差異こそが焙煎度の違い=焙煎による味わい表現の差と成り、その差異の把握は焙煎屋として承知しておくべき事柄で、その差異を認識し検証し考察した上で、ローストレシピの構成要素としてレシピ構築を考えますので

解ったつもりに成らずに、面倒がらずに飲み比べの機会が有れば確認を繰り返し続けて確証を得るように努めています(真面目かw)

技術の向上の根底は閃きですが、その巧みさの維持は丁寧さに委ねられると思います

「本気でやれば上手」は=普段は雑=費やす時間が経験値として実を結ばない(汗)

「毎回丁寧さを持って最善を尽くす」なら=普段から上手=費やした時間の全てが経験値として身に付けられます(喜)

この世の全ての丁寧な技術者・職人・匠・エンジニア・クリエーター・デザイナーに幸あれ♪p(^o^)q